紅の勇者オナー・ハリントン6 サイレジア偽装作戦 【小説】

    グレイソンで名実ともに力をつけてきたオナー・ハリントン。

    しかし、マンティコアとヘイブンの戦局は次第に泥沼化してきて、
    マンティコアもついには人材不足に。

    それというのもサイレジア宙域での海賊行為で商船が襲われ続け、
    航宙軍も護衛任務に就かなければならないのだが、
    適任者が見あたらない。

    そこで、白羽の矢がオナー・ハリントンに。

    復職できる喜びとは裏腹に、
    与えられた任務と艦をみて原隊復帰とはいえ職場は第一線どころか海賊退治。

    与えられたのは、
    駆逐艦でも巡洋艦でもなく、
    貨物船を改造した偽装艦。

    しかし、オナーの元には昔の仲間も含めて優秀な部下たちが配置されてくるのであった。

    人徳というか人望というか、
    海賊退治とはいえオナーとともに働けることを喜んでくれる人たちに囲まれてオナーはサイレジアへと飛んでいくのであった。

    そこでは、ヘイブンの偵察艦もおり、
    今までも度々登場してきた敵ですが、
    これから後、重要な役を担うことになるんですね。

    アチキは、このヘイブンのクルーたちが好きでねぇ。

    まぁ、それはいずれ語ることにして、
    ひょんな事からこのヘイブン艦のクルーたちと親交を深めることになってしまうオナーなんです。

    サイレジアでの海賊退治がどのようになっていくのかは、
    実際に本を読んでもらうとして。

    次巻以降、重要な人物たちがたくさん出てきます。

    海賊との戦闘よりも人間関係のドラマの方がおもしろかったりします。

    大いなる伏線って感じですか。

    ヘイブンの政局の変わりようなども語られるし、
    それにより次巻以降でオナーは大変な目に遭ってしまうわけで、
    宇宙戦闘がほとんどありませんが、実におもしろいです。

    連続した物語だから途中から読むことは絶対にしないで、
    はじめからキチンと読みましょう。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : SF小説
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : デイヴィッド・ウェーバー SF 戦争 ミリタリー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー