赤緑黒白 Red Green Black and White 【小説】

    久々の小説ネタです。

    それも、森博嗣氏の小説です。

    Vシリーズのラストです。

    今回は、ちょっとネタバレが多くなりそうなので、
    前もって書いときます。

    なので、この小説を読むつもりの方は、
    ここから先を読まないように。

    まぁ、いきなりこの本だけを読むと言うことはないと思うし、
    そー思っている方がいるとしたらおやめになった方がいいです。

    別に、これだけでも十分に楽しめるとは思いますが、
    やっぱりシリーズものなのではじめから読まれた方が数倍たのしいです

    さて、本編の話。

    瀬在丸紅子さんのシリーズ、Vシリーズもいよいよ完結らしい。

    そのあたりのことは、イマイチよく分からないのよ。

    もしかしたら、また書かれるかもしれないしね。

    でも、シリーズのラストらしい、
    ラストを意識した作品ですね。

    まず、今回はタイトルの通り「赤」「緑」「黒」「白」と、
    色の付いた名前の人が殺されていきます。

    で、その犯人を捕まえる話が今回のメインストーリー。

    そして、犯人は、当初予想したとおりの人物になってしまい、
    あらららと言う感じでしたが、
    それ以外の部分がなかなかよかったです。

    分からなかったのは、最後の殺し方くらいかな。

    まさか、
    そーきたか、
    という感じでしたね。

    で、やっぱり殺人事件の話よりも、
    それ以外の部分が興味津々。

    まず、昼間?探偵、夜?泥棒さんの保呂草氏が、
    遂にみなさんとお別れするという話。

    いやー、やっぱりシリーズの語り部が去らないと、
    この話は終わらないわけです。

    最後くらい、
    もうちょっとましなラブストーリーでも用意して置いても良かったかなぁ、
    なんて思いましたが、
    まぁ、いいでしょう。

    あっさりしているのも保呂草氏らしいし。

    そして、まさかの天才少女の登場。

    以前外伝的な「捩れ屋敷の利鈍」で、
    西之園嬢と共演した保呂草氏がいたので、
    時代的に同時代だと思っていたんだよね、
    VシリーズとS&Mシリーズ。

    なので、まさかマガタシキがでてくるとは。

    それも、しっかり多重人格者だし。

    ちょっといい感じだったよね。

    まぁ、とりあえず次は森氏の短編を読んで、
    再び西之園嬢にご対面という感じですかね。

    長いようで短いシリーズだったなぁ。

    やっぱり、S&Mシリーズが良かったなぁ。

    また、暇があったら読み返そうかなぁ。

    S&Mシリーズをね。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 推理小説・ミステリー
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : 森博嗣 推理 犯罪 Vシリーズ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー