華氏451 【1966年製作:映画】

    フランソワ・トリュフォー監督作品です。

    フランソワ・トリュフォーの名前くらいは聞いたことがある人はいっぱいいるのではないでしょうか。

    フランソワ・トリュフォーの名前を聞いたことがなくても「華氏451」の原作者であるレイ・ブラッドベリの名前を聞いたことがある人は、
    もっといっぱいいることでしょう。

    「火星年代記」とか有名ですからね。

    で、「華氏451」です。

    タイトルの意味については、
    ビデオのパッケージにも書いているし、
    本編でも語っているので、
    ここで説明するのも恥ずかしいからしません。

    で、映画は活字文化を根絶させようとしている世界が舞台。

    本は、見つけ次第すべて燃やされてしまうのです。

    本を探し出し、燃やすのを仕事にしているのが「消防士」たち。

    この世界では、「火事」という概念がないのです。

    消防士」とは、火を消す職業ではなく火をつける職業となっているのです。

    で、物語の主人公はこの消防士

    あるとき一人の女性に会い、
    この女性が本をこよなく愛する人なわけです。

    で、案の定感化されて隠れて本を読むようになる。

    で、本はすばらしいと言うことになるわけです。

    で、結局、
    主人公は本のすばらしさに目覚めてしまったせいで本を燃やすことができなくなり、
    犯罪人となってしまうわけです。

    その後のことは、映画を観てもらいましょう。

    もう、今まで説明した部分で全体の四分の三くらい物語が進行しています。

    そう。

    あとは、結末がどうなってしまうかだけ。

    それにしても、1966年の作品なだけに未来世界の設定が、
    やっはり少々古くさい。

    でも、それはそれでいい感じなわけです。

    衣装もいい感じだったなぁ。

    古いのは古いなりにいいよね。

    名作はいつまでたっても名作であるのと一緒だよ。

    この映画は一度ごらんになってもよろしいかと思いますよ。

    そーいえば、原作読んだことないなぁ。

    今度、読むか。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 消防士 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー