クローバーフィールド/HAKAISHA 【2008年製作:映画】

    いわゆるモンスターパニック映画です。

    巨大モンスターが、
    ニューヨークに出現。

    モンスターから逃げる一般市民を主役にした映画です。

    日本にも、同じコンセプトで作られた名作映画があります。
    「大怪獣 東京に現わる」ですね。

    シュールさでは、「大怪獣 東京に現わる」の方が上ですね。

    大体、大怪獣が名物なのは、日本ですからね。

    台風と同じくらい大怪獣が日本を襲っていますから。

    この手のモノに関しては、
    当然、日本の方が詳しい。

    と、言うことで、この映画の内容を聞いたときに「大怪獣 東京に現わる」のハリウッド版ね。
    と思ったのでした。

    まぁ、観てみるとその通りなのですが、
    唯一予想を裏切ったのは、
    怪獣が姿を現していることですね。

    ビルの谷間から少しだけ姿が見えるとか、
    足だけとか、
    しっぽだけといった感じで、
    全体像は最後まで分からないというか、
    見えないと思っていたのに。

    案外簡単にその雄姿を見せてくれます。

    演出もホームビデオでの視点と、
    客観視点で見せているのですが、
    とても中途半端で、
    なんだか分からないけど大変なことが起きていて自分たちが巻き込まれているという恐怖が、
    全然伝わってこない。

    基本的に怪物に襲われことはないだろう、という安心感があるからかも知れないが、
    ミニモンスターを登場させて、
    主人公たちに襲わせてみたりしていのだが、
    それもなんか中途半端でね。

    「エイリアン」や「ジョーズ」のようないつどこで襲われるか分からない恐怖感を感じることが出来ていたら
    この映画「クローバーフィールド/HAKAISHA」も名作の仲間入りしたと思うぞ。

    非常に残念です。

    パニック映画は、やはり金をかけなくてはいけないし、
    かけたからといって良い映画になるわけじゃぁない。

    日常とのギャップの演出もイマイチだったし。

    もうちょっと何とかして欲しかったなぁ。

    せっかくよいコンセプトなんだからさ。

    残念だなぁ。

    ホント、おしいっ、って感じ。

    まぁ、過大な期待をしなければ、結構楽しく観られるので、
    文句を言っているのは、もっと良くなるはずだという思いからで、
    つまらないからぶつぶつ書いたのではありません。

    なので、おもしろそうだから観てみようと思っていた方は、
    是非ご覧ください。

    ついでに「大怪獣 東京に現わる」も観て頂けるとうれしいかな。
    ただこちらは、ちょっと人を選ぶので、誰にでもお勧めとは言えませんけど。
    イケてることは確かです。









    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 怪獣 モンスター パニック ミリタリー 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー