虚空の逆マトリクス Inverse of Void Matrix 【小説】

    これで、当分森博嗣氏の本は読むことないんだろうなぁ。

    「四季」のシリーズは、
    いずれ読むけど、
    ちょっと最近集中して森博嗣氏の読んでいたからなぁ。

    と、言うことで「虚空の逆マトリクス Inverse of Void Matrix」です。

    短編集です。

    前回の「今夜はパラシュート博物館へ」に比べると、
    おもしろいモノがいくつかありました。

    探偵モノと食堂のおばちゃんのモノとS&Mがでてくるモノですね。

    探偵モノは、
    こんな落ちだといいなぁ、
    と思っていたとおりになって、
    良かったです。

    短編の一発ネタぽいけど、
    長編でも十分楽しめる素材でしたね。

    まぁ、似たものは色々とあるので、
    新鮮みにはかけるけど楽しかったです。

    基本的にハードボイルド探偵モノは好きなんですよ。

    だからかもしれませんなぁ。

    楽しく読めたのは。

    もう一つは、食堂のおばちゃんモノ。

    何となくアガサ・クリスティや赤川次郎を彷彿とさせる雰囲気を持った作品で楽しかったです。

    そして、やっぱりというか当然というかS&Mがでてくるものが一番良かったですねぇ。

    もうキャラクターが登場するだけでOKって感じですからねぇ。

    なんといっても今回は、
    しっかりと二人の仲が進展しましたし。

    こういう風に短編で書いてしまうのは、
    実にもったいないと思ってしまうわけです。

    でも、長編になると推理モノの部分の比重が大きくなるから結果的には短編で書いても同じなんでしょうけどね。

    二人の相関関係というやつです。

    まぁ、まだまだS&Mの人生は長いので、
    これからもちょくちょく登場する作品もでてくることでしょう。

    楽しみですねぇ。

    ちなみにS&Mとは、
    犀川&萌絵というキャラクターの頭文字です。

    「すべてがFになる The Perfect Insider」で初登場したキャラクターです。

    「すべてがFになる The Perfect Insider」は傑作ですので、
    まだ読んでいない人は是非読んでください。

    一応、知らない人のために補足説明しました。

    と、まぁ、「虚空の逆マトリクス Inverse of Void Matrix」は短編集なので、
    気軽に読むのにはちょうど良いです。

    ただし、S&Mがでてくる話だけは、
    やっぱりシリーズを読んでいないとイマイチおもしろくないでしょうね。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 推理小説・ミステリー
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : 森博嗣 S&Mシリーズ 探偵

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー