F1 2004 Round.4 サンマリノGP

    アイルトン・セナが死んでもう十年なんですね。

    はやいなぁ。

    あの日のことは、今でも憶えているよ。

    5月1日が命日なんですが、
    サンマリノGPレース中の事故と言うことで、
    グランプリ期間中に色々なイベントがあった模様です。

    日本でも高島屋(確か・・)でセナのイベントが開催されるそうです。

    まぁ、いかないと思うけど。

    で、グランプリ。

    いやー、予選はもえたねぇ。

    観ましたか、みなさん。

    BARホンダのバトンがポールポジションですよ。

    あまフェラーリ・シューマッハよりも前のグリッドですよ。

    実力で勝ち取ったナンバーワンですよ。

    そのグランプリで一番はやかったドライバーですよ。

    すばらしい。

    琢磨は、ちょっと残念だったけど、
    それでも十分に評価できるポジションでしたね。

    で、もう決勝が待ち遠しくてねぇ。

    たぶん、勝てないだろうとは思っていたけど、
    もしかしたら勝てるかもしれないと思ったわけですよ。

    で、結果はBARホンダのバトンは二位。

    琢磨はあと5周というところでエンジンブロー。

    レース中もタイムにばらつきがあったので何かあったんだろうなぁ、
    と思っていたらギヤトラブルを抱えていたんだね。

    入ったり入らなかったりしていたそうじゃないですか。

    あれじゃぁ、
    エンジンの負担も相当だったんだろうなぁ。

    ブローも致し方ないって感じですか。

    それよりも、やっぱりバトンですよ、バトン。

    フェラーリの次にはやかったんですから。

    もうびっっくり。

    モントーヤなんか、
    ぶるるるるってお茶目に驚いていましたからね。

    でも、給油のタイミングとか、
    給油量を見ているとフェラーリは燃費いいかもしれませんなぁ。

    と、いうよりもホンダが燃費悪いって感じかな。

    まぁ、ちゃんと計測していたわけでもないし、
    タンク残量をチェックしていたわけでもないしね。

    もしかしたら燃料のマネジメントの差が出ているのかもしれないなぁ。

    まぁ、その辺は今後の課題なんだろうねぇ。

    ホンダ陣営も今回は予選で結果を出す。

    と言っていたし。

    決勝は次回まで待ってくれと。

    その言葉を信じましょ。

    こうなると鈴鹿が楽しみだよねぇ。

    どこまでフェラーリに追いついているか。

    もしかしたらもっとはなされてしまうかもしれないけど。

    そういえばトヨタもがんばってマシンを作り直してきていたよなぁ。

    ちょっと思っていたよりも結果が悪かったけど。

    っていうか、今までが良すぎたんだよね。

    これからが大変なんでしょう。

    まぁ、がんばってちょうだいって感じです。

    と、言うわけで今年は本当におもしろいシーズンなので、
    みなさんもこの機会にF1にのめり込んでくださいましな。


    2004 San Marino Grand Prix

    Pos_No_______Driver_____________Team______Laps_Time/Retired_Grid_Pts
    11Michael SchumacherFerrari621:26:19.670210
    29Jenson ButtonBAR-Honda62+9.7 secs18
    33Juan Pablo MontoyaWilliams-BMW62+21.6 secs36
    48Fernando AlonsoRenault62+23.6 secs65
    57Jarno TrulliRenault62+36.2 secs94
    62Rubens BarrichelloFerrari62+36.6 secs43
    74Ralf SchumacherWilliams-BMW62+55.7 secs52
    86Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes61+1 Lap201
    911Giancarlo FisichellaSauber-Petronas61+1 Lap18
    1012Felipe MassaSauber-Petronas61+1 Lap12
    1117Olivier PanisToyota61+1 Lap13
    125David CoulthardMcLaren-Mercedes61+1 Lap11
    1314Mark WebberJaguar-Cosworth61+1 Lap8
    1415Christian KlienJaguar-Cosworth60+2 Laps14
    1521Zsolt BaumgartnerMinardi-Cosworth58+4 Laps19
    1610Takuma SatoBAR-Honda56+6 Laps7
    Ret18Nick HeidfeldJordan-Ford48Driveshaft16
    Ret16Cristiano da MattaToyota32Accident10
    Ret20Gianmaria BruniMinardi-Cosworth22Brake balance17
    Ret19Giorgio PantanoJordan-Ford6Hydraulics15










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー