ボーン・アイデンティティー 【2002年製作:映画】

    マット・デイモン主演の映画です。

    記憶をなくした男の物語。

    記憶をなくしてはいるけど、
    なぜかみょーに強い。

    記憶をなくしているのに、
    変な知識がいっぱい。

    いったい俺は何者なんだ?

    と、
    言うところから物語が始まります。

    何しろ、
    歩いているだけで殺されそうになるんだから大変なことです。

    たった一つの手がかりを元にスイス銀行へ。

    そこで、
    一般人とはかけ離れたアイテムの数々がでてくるわけです。

    こりゃー、
    何かあるな、
    と思わない方がおかしい。

    ってなぐわいで、
    テンポ良く物語が進んでいくんですね。

    で、
    当然のようにヒロインが登場するわけですが、
    これがイマイチなんだなぁ。

    何がイマイチって、
    アチキ的には、
    もっとベタなヒロインのおねえさんの方が良かったよ。

    出来る限り「普通」の女性を出したかったんだろうけど、
    ちょっとご都合主義が目立ってしまってイカンよなぁ。

    やっぱり主人公の元々の立場を考えても、
    ベタにいって欲しかったよ。

    同じ組織の好きあっていたおねえちゃんが殺しに来るとかで、
    ふにゃらふにゃら。

    、、、やっぱB級映画の見過ぎだなぁ。

    まぁ、
    いいや。

    想像していたよりおもしろかったぞ。

    アクション映画として十分楽しめる内容だったし、
    テンポも良かったから最後まで堪能できたし。

    ラストもハッピーエンドだし。

    まぁ、
    あのラストシーンが欲しくて普通のおねえちゃんにしたかったんだろうなぁ。

    やっぱりアクション映画は頭空っぽにしてみていられるモノじゃなきゃイカン、
    というセオリーに忠実に作られているよね。

    気晴らしに観るには十分楽しめるし、
    マット・デイモンのファンにも十分楽しめる内容になっているよ。

    原作小説のファンが会社にいるが、
    そいつだけは、
    当然のように原作の方が面白いと言っていた。

    そりゃ、
    アチキだって、
    この映画に限らず、
    原作小説先に読んでいて、
    その思いが強ければ、
    そう思うことあるからね。

    まぁ、
    アチキは良くも悪くも原作小説を読んでいないので、
    アクション映画として十分楽しませて頂きました。

    まだ観たことがない人は、
    是非、
    暇な休日にでもご覧になってみてください。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション スパイ 動画 マット・デイモン

    trackback


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    『ボーン・アイデンティティー』(2002) - The Bourne Identity -

    男は、彼らの「武器」となる為に訓練された筈だった… ■ボーン・アイデンティティー - The Bourne Identity -■ 2002年/アメリカ/119分  監督   :ダグ・リーマン  脚本   :

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Re: No title

    コメントありがとうございます。

    アチキの会社の人間と同じような感想で、
    映画を見ても同じような感想にならないか、
    ちょっと不安です。

    アチキもいつか原作小説を読もう読もうと思って読んでいません。

    絶版になっているようですが、
    中古は、
    まだ定価割れ状態なので、
    今なら買っても良いかな、
    と思ったりもしましたが、
    積ん読の山を見ると、
    どうも二の足を、、、、。



    No title

    自ブログにも書いたのですが、映画は見ていませんが、小説は神がかりみたいに面白いです。

    http://crfragment.blog81.fc2.com/blog-entry-2825.html

    それより映画が面白いなら、こりゃー腹を据えて見てみなけりゃなりませんなあ……と思った。

    Re: おーっ、こんな深いところに

    コメントありがとうございます。

    そうですか、映画の方が良かったですか。

    まぁ、感じ方は人それぞれですからね。

    そいつは、他の映画でも原作小説を読んでいる場合、
    映画の方が良いと言っているのを聞いたことがないからなぁ。

    アルティメイタムもいずれ観ますよ。

    でもいつ観るんだろ…。

    おーっ、こんな深いところに

    ボーンの記事が。
    こんばんは。
    TBありがとうございました。早速私めも打たせて頂きました。
    ネクサス6さんの同僚の方と同じで、私も原作は読みましたが
    (ここだけの話)映画の方が良かったです(小声で)。

    次はスプレマシーの予定です。
    アルティメイタムも是非ご覧になってください。
    綺麗にまとまっていて、清々しい気分になれますヨ。
    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー