F1 2004 Round.6 モナコGP

    モンテカルロ市街地特設サーキットで行われるモナコグランプリ。

    今年のモナコは、やっぱりいつもと違っていました。

    「勝てる」日本人ドライバーが走るというだけで、
    こうも違うのか。

    ホント、楽しいです。

    で、アチキは、いいたい。

    もうほとんど八つ当たりだけど。

    なんだっ、トヨタ! じゃまばっかりしくさって!

    トップに食い込めないなら、
    おとなしくじゃましないではしてろっ!!

    と、いいたい。

    もちろん、八つ当たりです。

    ぶっちぎりのスタートでいいところにでた琢磨のマシンが、
    白煙を上げてリタイア。

    これは、何が原因か。

    トヨタのパニスが、エンジンストールで再スタートとなったから。

    一度熱くなったのが冷やされてまた暑くなったから、
    ラジエーター関係のバイパスだかなんだかに亀裂が入っておじゃん。

    パニスがストールしないでそのままスタートしていたらこんなことにはならなかったのに。

    もちろん、八つ当たり。

    他のマシンは、ちゃんと走っているわけだから。

    バトンが、ラストの追い上げで、
    レースを盛り上げていたけど、
    アレだってトヨタのダマッタが、
    周回遅れのくせにバトンをなかなか前に譲らなかったから、
    これがしっかり響いていたのは間違いない。

    おせーんだからはやく譲れよ。

    もちろん、八つ当たり。

    それがなくても、
    微妙にトップは走れていなかっただろうなぁ。

    だって、どのくらいロスしたのか分からないから。

    単に気分の問題。

    と、いうわけでホンダに勝たせるならじゃましてやれとみてしまう私って、
    やっぱりホンダファンなのね。

    と、いうわけでホントおもしろかったです。

    琢磨は残念だったけど、
    絶対に「勝てる」ドライバーだということは証明できたし。

    後は、結果だけ。

    「勝てる」と「勝つ」では全然違うから。

    「勝てる」ドライバーは、
    当然ながらF1にはいっぱいいる。

    走っているドライバー全員じゃないけど。

    それだけ「勝つ」というのは、難しい。

    中島悟の時は、
    もう絶頂期からずれていたから、
    どこまでやれるのかなぁ。

    って感じで「がんばれ!悟」だった。

    と、いうよりやっぱりF1に日本人のレギュラードライバーがいるというだけで凄かった。

    次に期待したのは、片山右京。

    ヨーロッパのレース経験があるというだけで、
    もしかしたらいけるかもしれない。

    そう思った。

    「勝てる」とはあまり思わなかったけど。

    「勝てる」確率は今まで(悟くんやアグリくんよりも)のドライバーの中では、
    一番高かった。

    次に、高木虎之助。

    こいつは、若さと一発のはやさがあった。

    この一発の早さが、今までのドライバーにはなかった。

    これは、F1では凄く重要。

    詳しく説明すると長くなるのでやめる。

    でも、チームに恵まれず、
    「勝てる」まで持っていけなかった。

    そして、琢磨。

    こいつは、
    今までで一番「勝てる」ドライバーであることは間違いない。

    運じゃなくて、
    実力で「勝てる」ドライバー。

    アチキがみてきた中で、
    一番速くて強い日本人ドライバーです。

    だから期待もするし、すごく厳しくみてしまう。

    だからもう少し、モナコでの走りをみていたかったなぁ。

    あぁ、また八つ当たりしてきたくなった。

    と、いうことでバトンは二位に入ったからとりあえず良しとしましょうか。

    優勝は、ルノーのトゥルーリ。

    初優勝がモナコなんて、パニスみたいだね。

    と、いうことはこの後ずっと優勝できないのかな?


    2004 Monaco Grand Prix

    Pos_No_______Driver_____________Team______Laps_Time/Retired_Grid_Pts
    17Jarno TrulliRenault771:45:46.601110
    29Jenson ButtonBAR-Honda77+0.4 secs28
    32Rubens BarrichelloFerrari77+75.7 secs66
    43Juan Pablo MontoyaWilliams-BMW76+1 Lap95
    512Felipe MassaSauber-Petronas76+1 Lap164
    616Cristiano da MattaToyota76+1 Lap153
    718Nick HeidfeldJordan-Ford75+2 Laps172
    817Olivier PanisToyota74+3 Laps131
    921Zsolt BaumgartnerMinardi-Cosworth71+6 Laps19
    104Ralf SchumacherWilliams-BMW69Gearbox12
    Ret1Michael SchumacherFerrari45Accident4
    Ret8Fernando AlonsoRenault41Accident3
    Ret6Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes27Pneumatics5
    Ret20Gianmaria BruniMinardi-Cosworth15Gearbox20
    Ret19Giorgio PantanoJordan-Ford12Transmission18
    Ret14Mark WebberJaguar-Cosworth11Loss of drive11
    Ret10Takuma SatoBAR-Honda2Engine7
    Ret5David CoulthardMcLaren-Mercedes2Accident8
    Ret11Giancarlo FisichellaSauber-Petronas2Accident10
    Ret15Christian KlienJaguar-Cosworth0Accident14











    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー