F1 2004 Round.9 アメリカGP

    素晴らしい。

    朝まで起きて見たかいがありましたよ。

    前回のカナダも起きて見ていたけど。

    今回は、もーサイコーに楽しかったです。

    佐藤琢磨3位です。

    素晴らしい。

    もう残り十周くらいからハラハラでしたけだ。

    いつ壊れる、
    いつ壊れる、
    って心配してたまらなかったです。

    結果、無事に3位チェッカーをうけて、
    ばんざーい、
    って感じでしたね。

    琢磨に限って言えば、いいレースをしていました。

    ザウバーやジョーダンのマシンをスパッと抜いていく
    所なんか、感激モノでしたね。

    何しろ、琢磨の後ろを走っていたバトンがなかなか抜けずに苦労していたのとは対照的でした。

    その後、バトンはギアボックストラブルで早々にリタイアしましたが、
    アレはどう見てもふてくされてリタイアした感じだったなぁ。

    同じマシンに乗っていて、
    琢磨が簡単に抜けていったのに自分は抜きあぐんでいる。

    こいつはイカン。

    おっ、二足ギアが落ちた。

    こいつは、ラッキー!

    リタイアしちゃえ。

    って見てしまうアチキ。

    まぁ、そんなことはないと思うんだけどね。

    そう、思わせるほど琢磨の走りはよかった。

    若さ爆発って感じだね。

    後半、トゥルーリと一緒にコースアウトしたときも、
    インにマクラーレンがいなければ、
    あんなことにはなっていなかったと思うし。

    琢磨の走りに関して言えば、
    パーフェクトだったよ。

    問題は、レース戦略。

    ラルフ・シューマッハの事故で二回目のセーフティーカーが入ったときに給油できなかったこと。

    たぶん、
    アレは予想だけどバトンとの関係で入れるタイミングを失ってしまったんだろうね。

    チームのポイントや勝利を考えると、
    明らかに琢磨を先に入れるべきだけど(たぶん入ろうとしていたと思う)バトンはファーストドライバーだから、
    優先的に入れなくちゃならない。

    う~ん、困った。

    と、いって悩んでいて結果入れられなかった感じだね

    入りたがっていたのは、ピットインしたシューマッハの後ろにBARの二台がいたこと。

    これは、絶対に入ろうとしてペースを落としたんだと思う。

    チームに入っていいか、
    って聞いてちょっと待てといわれてペース落として待っていたら、
    あららフェラーリいっちゃたよ。

    どーする。

    イカンなぁ。

    バトンと琢磨どっち先にいれる。

    なんて、やっていたんじゃないのかな。

    と、邪推してしまう。

    まぁ、アレさえなければ、
    少なくともバリチェロより前でチェッカーはうけられたと思うんだよね。

    まぁ、グランプリ自体は、
    前半二回もセーフティーカーが入るくらい波乱でしたけど、
    逆に言えば見所満載って感じだったね。

    さてさて、この調子で琢磨君にはがんばってもらって鈴鹿では優勝して欲しいよね。

    初優勝は、もっと前にしてもらってさ。

    どんどん優勝してほしいよ。

    ホント、今年のF1はサイコーにいい感じです。


    2004 United States Grand Prix

    Pos_No_______Driver_____________Team______Laps_Time/Retired_Grid_Pts
    11Michael SchumacherFerrari731:40:29.914210
    22Rubens BarrichelloFerrari73+2.9 secs18
    310Takuma SatoBAR-Honda73+22.0 secs36
    47Jarno TrulliRenault73+34.5 secs205
    517Olivier PanisToyota73+37.5 secs84
    66Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes72+1 Lap73
    75David CoulthardMcLaren-Mercedes72+1 Lap122
    821Zsolt BaumgartnerMinardi-Cosworth70+3 Laps191
    911Giancarlo FisichellaSauber-Petronas65+8 Laps14
    Ret14Mark WebberJaguar-Cosworth60Engine10
    DSQ3Juan Pablo MontoyaWilliams-BMW57+16 Laps5
    Ret18Nick HeidfeldJordan-Ford40Engine16
    Ret9Jenson ButtonBAR-Honda26Gearbox4
    Ret16Cristiano da MattaToyota17Gearbox11
    Ret4Ralf SchumacherWilliams-BMW9Accident6
    Ret8Fernando AlonsoRenault8Accident9
    Ret15Christian KlienJaguar-Cosworth0Accident13
    Ret12Felipe MassaSauber-Petronas0Accident15
    Ret19Giorgio PantanoJordan-Ford0Accident17
    Ret20Gianmaria BruniMinardi-Cosworth0Accident18










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー