F1 2004 Round.18 ブラジルGP

    ついに今年のF1が終わってしまった。

    寂しいねぇ。

    ブラジルはフェラーリ・バリチェロの母国だから、
    予選からすごい賑わい。

    なにしろポール獲得だからね。

    これで、決勝も楽しみと地元ではすごかったようです。

    結果、三位に終わったけど、
    まともに完走したことってなかったから、
    大いなる失望にはならなかったけど、
    やっぱり優勝できる状況での三位だからすごーーーくバリチェロは悔しかったと思うよ。

    もう眠れないほどに。

    で、我らがBARホンダですが、
    バトンはスタートグリッドに付いたときからエンジンから煙が出ていて、
    案の定五周ほどでリタイア。

    琢磨は、最後まで走ったけど六位入賞。

    後半、四位のアロンソを追いつめていただけに、
    ポジションをひとつ落として、若さを見せてしまった感じ。

    まぁ、私としては、
    果敢に攻めた結果であればいいかな、
    と思うんだよね。

    映像がなかったからどのような状況だったのか分からないけど。

    なんかみんなは、
    安定志向の走りを求めているけど、
    まだまだ琢磨には絶対的な速さが足りない。

    安定感のなかったモントーヤだって、
    速さは抜群だった。

    あの速さで安定すれば、
    未来のワールドチャンピオンだといえるわけで、
    今の琢磨にはそのワールドチャンピオンになるための絶対的な速さが足りない。

    まだまだ速くなると思うし、
    なってもらわないとつまらないし。

    いまはまだリタイアしてもいいからトップを走っていられる速さが欲しいと思うぞ。

    それからでいいよ、安定したレース展開は。

    求めないと得られないものがあるからね、やっぱり。

    そうそう。

    来年は、バトンのBAR残留も決まったし。

    バトンにとっては不幸だけど、
    BARにとってはラッキーだよね。

    やっぱりね、今回のウィリアムズのモントーヤの優勝をみてもトップチームはすごいと思うよ。

    マクラーレンもそうだし。

    あんなに絶好調で、
    フェラーリ追撃の二、三番手と言われたBARが優勝できないのに、
    ちょっとマシンをいじったら一気に優勝戦線に飛び込んでくるんだからすごいよね。

    その部分がBARにはないからね。

    一年や、二年で培われるスキルじゃないからなぁ。

    まぁ、来年はまたレギュレーションが大幅に変わるから各チームのポジションも微妙に変化すると思うけど、
    チップチームは、それでも振幅の幅が少ないからね。

    中堅どころが一番幅がデカい。

    下位チームは、金の問題で、
    レギュレーションに対応させるだけで四苦八苦になるから、
    変に金持っているところが、
    一番性能差が出るんだな。

    と、色々な部分が垣間見えた楽しいブラジルGPでした。

    さぁ、来年の開催が今からとっても楽しみです。


    2004 Brazilian Grand Prix

    Pos_No_______Driver_____________Team______Laps_Time/Retired_Grid_Pts
    13Juan Pablo MontoyaWilliams-BMW711:28:01.451210
    26Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes71+1.0 secs38
    32Rubens BarrichelloFerrari71+24.0 secs16
    48Fernando AlonsoRenault71+48.9 secs85
    54Ralf SchumacherWilliams-BMW71+49.7 secs74
    610Takuma SatoBAR-Honda71+50.2 secs63
    71Michael SchumacherFerrari71+50.6 secs182
    812Felipe MassaSauber-Petronas71+62.3 secs41
    911Giancarlo FisichellaSauber-Petronas71+63.8 secs10
    107Jacques VilleneuveRenault70+1 Lap13
    115David CoulthardMcLaren-Mercedes70+1 Lap12
    1216Jarno TrulliToyota70+1 Lap9
    1317Ricardo ZontaToyota70+1 Lap14
    1415Christian KlienJaguar-Cosworth69+2 Laps15
    1519Timo GlockJordan-Ford69+2 Laps17
    1621Zsolt BaumgartnerMinardi-Cosworth67+4 Laps19
    1720Gianmaria BruniMinardi-Cosworth67+4 Laps20
    Ret14Mark WebberJaguar-Cosworth23Accident11
    Ret18Nick HeidfeldJordan-Ford15Clutch16
    Ret9Jenson ButtonBAR-Honda3Engine5











    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー