アベレーション 【1997年製作:映画】

    この前、「アナコンダ」で、蛇の映画だったから、
    今度は「アベレーション」でトカゲの話。

    まずすごいのが、
    何の脈略もなく新種のトカゲが発生しているところ。

    後付でこんな理由で誕生したとか、
    あんな理由で発生したとかが全くない。

    もうなんでいるかは想像に任せるよ、
    だけど確かにこいつらは存在しているんだ、
    というスタンスでいるところが素晴らしい。

    B級映画なんだけど、
    すごく良くできているB級映画で、
    これは癖がないから一般の人にも勧められる。

    女性が、冬山の山荘に戻ってくると、
    そこには新種のトカゲが生息していた、
    という感じで物語が始まるのです。

    生物の研究をしている博士も登場して、
    「何かいる」という期待感を持たせつつ、
    物語は佳境へ向かうのですが、
    この辺の流れも実にそつがない。

    雪山で、助けを呼べない状況作りとか、
    実に閉鎖感があっていいです。

    トカゲの発生理由は曖昧なくせに、
    登場人物の所はしっかりと描かれていたりするんですよね。

    なんで女性が一人、実家の山荘に戻ってきたのか、とか、
    生物を研究している博士の生い立ちとか、
    しっかりと描かれているのがとってもいい。

    その辺がしっかりしているから、
    観ていて気持ちよかったのかもしれない。

    たいがいこの手の映画は、
    新種のトカゲにスポットが当たっていて、
    周りの登場人物の方のプロフィールって、
    意外と手を抜いていたりするんだよね。

    それと、ラストの展開が良かった。

    ちょっとネタバレになるから詳しく書きたくないけどお約束通り、
    終わったと思わせといてまた登場のパターンが、
    良かったです。

    主人公の男性がちょっとイカレ気味になっているところも、
    グッドでした。

    まぁ、トカゲについては、
    すごーく突っ込みたくなるのですが、
    その辺は、それこそB級映画ですから、
    そんなもんですって感じです。

    これは、ちょっと久々にB級映画としては、
    当たりになるので機会があったら観て欲しいですね。

    基本的に、トカゲは笑えます。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : モンスター パニック 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー