CASSHERN(キャシャーン) 【映画】

    実写映画の「CASSHERN(キャシャーン)」です。

    たぶん「CASSHERN(キャシャーン)」というタイトルが実写で、
    「キャシャーン」がアニメなんだろうなぁ。

    まぁ、アニメの「キャシャーン」は、
    「新造人間キャシャーン」というのが、
    正式タイトルだから「キャシャーン」というタイトルでも実写とアニメの違いは分かるのかな。

    さて、映画の話。

    見終わって一番感じたこと。

    なんで「CASSHERN(キャシャーン)」なの?

    別に「CASSHERN(キャシャーン)」じゃなくてもいいじゃん。

    って感じ。

    「CASSHERN(キャシャーン)」らしかったのは、
    予告でも使用していたロボットとの戦闘シーンだけ。

    あとは、別に「CASSHERN(キャシャーン)」である必要がないし、
    逆に「CASSHERN(キャシャーン)」だと思って観てしまうと、
    おいおいってかんじ。

    これならオリジナル作品として作った方が、
    私としては評価を高くしてあげられる。

    使い古されたネタだけど、
    オリジナルとして「フランケンシュタイン」みたく作ってくれれば、
    良い作品になったんではないかな。

    人造人間の悲哀。

    それだけで十分立派にドラマになる。

    実際、この映画もその部分がすごく強く出ていた。

    けど「CASSHERN(キャシャーン)」であるためにスポイルされて、
    しっかり描き切れていないところもたくさんある。

    困ったちゃんになってしまった。

    演出も過剰な装飾で、
    ミュージッククリップを手がけてきた人らしい作品で、
    もう少し落ち着いた押さえた演出になっていればもっと良かったよなぁ。

    さすがに二時間という尺の中では、ちとつらかったね。

    せめて一時間半くらいだったらそんなに気にならなかったかも。

    それに、あんなに宣伝とかで使っていた主題歌も、
    本編では使われていなくて、
    すごくもったいなかった。

    アチキが観ていても、
    あぁ、ここで使っていると効果的だなぁ、
    なんて思うシーンが一つ二つ。

    ほんと、実にもったいない。

    まぁ、ぐちぐち書いたけど、結構良かったです。

    「CASSHERN(キャシャーン)」として観なければ。

    このレベルの作品がもっと多く作られるようになるといいなぁ、
    と思うので是非みなさんには観ていただきたい。

    いわゆる平均レベルの底上げってやつですね。

    なんにしろ売れてくれないと次がないから。

    決して、だめだめな作品ではありません。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 日本映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF ロボット 動画 麻生久美子 納谷悟朗

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー