ブロンドジャンクション 【2003年製作:映画】

    アクション映画です。

    ジャケットの赤い服を着た女性が主役かと思っていました。

    凄腕の女殺し屋。

    組織の依頼で殺しをしている女。

    「女」を武器に相手を油断させて、
    殺す。

    う~ん、
    実にいい感じでした。

    が、
    主役は別にいたのね。

    お金がないために悪者の手伝いをして、
    見事失敗した息子とその母親。

    息子の命が危ないことを知った母親は、
    息子を連れておばあちゃんのいる土地へ逃げるのです。

    が、
    あてにしていた列車に乗れず、
    どうしようと思ったときに殺し屋の女が登場。

    この殺し屋の女は、
    ある仕事で殺しをして、
    組織の金を横取り。

    何とか、
    仲間の所へ、、、と思っていたけど、
    街は組織のモノ。

    なかなかうまく逃げられない、、、。

    そして、
    やっぱり逃げよとしている親子に会い、
    一緒に車でメキシコまで行こうと持ちかける。

    で、
    ロードムービーかな、
    と思いきや、
    これまた違って、
    結局もといた街に戻ることになるんだけどね。

    この女殺し屋が、
    親子と出会ってからが実にいい味出しているのです。

    それまでは、
    まぁ、
    よくある感じの女殺し屋だったんだけど、
    親子と出会ってからの彼女は、
    いいキャラになってましたなぁ。

    悪者らしくなってるのですよ。

    ひどい女だなぁ、
    って感じで。

    はじめの物足りなさが嘘のような女になっているのよ。

    やっぱ、
    こうでなくちゃ、
    ってかんじ。

    普通だったら、
    ビジュアル的にも女殺し屋が主役で、
    結局、
    善良な親子を守ってしまうような展開になるところなのに、
    まったくそんなことにはならないところが実に良かった。

    たいした物語でもないんだけど、
    ある意味期待をうらぎってくれたので、
    実に楽しく最後まで観ることが出来ました。

    ジャケットのおねえちゃんが好みだなぁ、
    と思ったら観てちょうだい。

    そう思わなかった人は、
    無理に観る必要はないかも。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 犯罪 FBI 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー