奇術探偵 曾我佳城全集 秘の巻 【小説】

    泡坂妻夫の「奇術探偵 曾我佳城全集 秘の巻」です。

    この後に「戯の巻」というのがありますが、
    まだ読んでいません。

    まぁ、基本的に短編集なので、
    それこそ「戯の巻」から読んでも、
    たぶん問題ないのではないかなぁ。

    まぁ、いわゆる探偵小説で、
    推理小説とは、
    ちと言い難いかなぁ。

    まぁ、一つの話のボリュームも少ないので、
    謎解きを楽しむゆとりというのかなぁ、
    それがありません。

    泡坂妻夫氏の作品もはじめて読んだわけで、
    他にどんな作品があるのか全然知りません。

    主役である元奇術師曾我佳城は、
    主役と言うほど前面に出てこないです。

    事件の解決の糸口が分からない、
    ので曾我佳城に相談に行って、
    はい解決。

    と、いうパターンになります。

    まぁ、いわゆるアームチェアディティクティブですね。
    (あってるよな、たぶん・・・)

    別にずっと座っているわけではないけど、
    現場を見ずに話だけでピタリと当てるというやつですね。

    本当は、もつと色々と活躍してくれるものだと思ってきたいしていたんだけど、
    ちょっと出てきてずばっと解決して終わり、
    みたいなのが基本パターンで、
    ちょっと寂しかったです。

    もっと、大人ぽく魅力的なキャラクターになるのに、
    今のところイマイチですね。

    まぁ、短編小説で、次第にキャラクター像が確立していい感じになるのはいくらでもあるので、
    「戯の巻」を読んだ後も同じ感想を持っているかどうかは分かりませんが。

    作者が元マジシャンだったかで、
    奇術ネタの所は、
    さすがに大変おもしろく読まさせていただきました。

    それこそ、推理的な部分の話よりもおもしろかったくらいです。

    事件自体も奇術ネタが元になっているモノもあったりして、
    いい感じだったりするんですよ。

    何しろ難しく考える必要もないから、
    電車の中で気軽にさくっと読めてしまうのがいいね。

    はじめに思ったイメージと違いはしましたが、
    これはこれでアリかな。

    ただ、やっぱりこれを読んだ後、
    じっくり考えられる推理小説を読んでみたくなりましたね。

    まぁ、脂っこいのを食べた後、
    さっぱりしたのが食べたくなり、
    さっぱりしたのを食べた後は、
    脂っこいのを食べたくなるのと一緒ですね。

    どっちがいいかとは言えないのです。

    小粒ながら、なかなか味のある作品が詰まっているので、
    これは息抜きにはちょうど良い感じですね。

    ホント、できればもう少し曾我佳城の活躍というか、
    登場時間というか、
    なんというか出番を多くして色々と見せて欲しかったなぁ、
    と言う感じです。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 推理小説・ミステリー
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : 探偵 推理 犯罪 刑事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー