北斗の拳 【マンガ】

    強い敵を倒して成長していく。

    まさに、「北斗の拳」はわたしの世代の代表的な作品でしょうねぇ。

    ひでぶぅぅ。

    あたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたた

    と、言った感じの擬音もすんごく懐かしいねぇ。

    もう毎週ジャンプの発売日が待ち遠しかったよ。

    「おまえはすでに死んでいる」

    はやったねぇ。

    指一本で秘功を突いて、敵を倒す。

    はやったねぇ。

    何しろ「マッドマックス」も影響されていたし。

    ホント、今読んでもおもしろいもんね。

    ラオウ編までの話だけど。

    やっぱり、あそこで終わるべきだったよ。

    ラオウの最後に感動して終わりたかったなぁ。

    たぶん、その後の展開があまりにもおもしろくなかったからよけいに、
    そう感じるんだよね。

    あれで、続きもおもしろければ誰もそんなことは言わないと思うのよ。

    まぁ、物語が強い敵を倒していくことだったから、
    仕方がないといえば仕方がないけどね。

    一応、新天地での新たな敵みたいな感じにはなっていたけど、
    ある意味等身大の人間を描いていたからどうしてもラオウ以上の敵を作り出すことが難しかったんだろうなぁ。

    大体、ケンシロウの活躍が少なくなってしまったのも問題だよ。

    その辺「ドラゴンボール」は、
    変な制約がなくてのびのびといってもいいほど、
    どんどん宇宙的に強いやつがいっぱい出てきたもんなぁ。

    あっ、まだ「ドラゴンボール」はネタにしていなかった。

    こんどネタにしよう。

    おっと、「北斗の拳」でしたね。

    数々のブームを作り出した「北斗の拳」。

    まったくもって、週刊少年ジャンプの人気投票による連載主義も、
    ここまで来ると「悪」だよね。

    と、本当に感じてしまった。

    だって、後半なんて、ホントにつらくて、
    私の周りでも「北斗の拳」を最後まで読んだ人が少ないのよ。

    だから、ラストを知らない人もいっぱいいる。

    これは、不幸なことだと思うよ。

    あんなに人気があったのに。

    ひとりよがりをよんでいる人で、
    いったいどのくらいの人が「北斗の拳」を読んでいるのか知らないけど、
    いったい何人の人が「北斗の拳」のラストを知っているのでしょう。

    間違ってもラオウの死で最後ではないからね。

    なので、この機会にもう一度「北斗の拳」を読んでみてはいかがなもんでしょう。

    ラオウ編までは一気に読める。

    それ以降が、段々ペースが落ちていくんだよね。

    ホント、ある意味不幸な作品です。

    ラオウ編で終わっていたら不朽の名作になっていたのに。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 格闘 バイオレンス アクション

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー