CAT'S♥EYE(キャッツ♥アイ) 【マンガ】

    「北斗の拳」とくれば「キャッツ♥アイ」でしょう。

    と、勝手に少年ジャンプ・ネタシリーズにしてしまいました。

    本当は「ドラゴンボール」にしようかと思ったんだけどね。

    さて、「キャッツ♥アイ」です。

    北条司氏の出世作。

    女性三人の泥棒さんの話。

    誰もが感じるように「ルパン三世」をすごく意識していると思う。

    特に最初は。

    途中から人気が出て、
    連載が長くなり始めると、
    三姉妹がなぜ泥棒家業をしているのか意味をつけてしまってからが、
    ちょっとつらくなってきました。

    つまらなくなってきたと言うより、なんかねぇ。

    まぁ、話を進めていく上で、
    何かしら基本になる物語があった方がいいのは分かるけど、さ。

    趣味で泥棒していてもいいじゃない、
    と思ってしまう今日この頃。

    結局、後半になってくると「キャッツ♥アイ」の正体はいかに、、、みたいな展開になってしまって、
    それこそ終演に向かってまっしぐらみたいになってくるし。

    まぁ、泥棒ネタだけでは、
    実際につらいんだろうなぁ、
    と言うこともよく分かる。

    盗みのテクニックだって、
    「ルパン三世」で使っていたものを真似してみたり。

    それが悪いとは思わないけど、
    はちゃめちゃが出来ないつらさがあったねぇ。

    でも、父親の作品を探すために泥棒をやっている設定になってから、
    実は遺産がいっぱいあって大金持ちってことになって、
    金を使えば何でも出来るみたいな展開になったのは良かったね。

    泥棒家業とは、関係ないところで、
    三女の愛の真贋についての話で、
    米国から軍用機で絵画を持って来るというような話があったのだが、
    そういうノリが出来るようになったのは良かった。

    まぁ、泥棒泥棒と書いているけど、
    作者的にも世間的にも「キャッツ♥アイ」は、
    女怪盗なんだろうなあ。

    レオタード姿で盗みを働く。

    この発想はすごいよねぇ。

    「キャッツ♥アイ」が売れた、最大の要因だよ、これは。

    なんたって「キャッツ♥アイ」イコール「レオタード」だもの。

    実に素晴らしいねぇ。

    少年誌のギリギリの所を突いてきている。

    ラストも、私的には良かったし。

    以外と、私の周りではうけてないんだよね、あのラスト。

    いいと思うけどなぁ。

    確かに、もっと爽快に、痛快にしても良かったかもしれないけど。

    アレは、「キャッツ♥アイ」の物語のラストではなくて、
    瞳と俊夫の物語のけじめなんだよね。

    作者的にも、あの二人の物語だけはきちっと形で終わらしたかったんじゃないかな。

    私は、とっても素敵だと思うし、
    私が作者ならやっぱり他のどんなことよりも、
    あの二人の物語をきっちりとさせたいと思ったはず。

    みなさんは、どう思う?


    ■eBookJapanでも「CAT'S♥EYE(キャッツ♥アイ)」のダウンロード販売しています。



    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 泥棒 犯罪 刑事 恋愛 北条司

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー