フリーダムズ・チョイス -選択- 【小説】

    またアン・マキャフリイの本ネタです。

    それも第二巻です。

    第一巻「フリーダムズ・ランディング -到着-」は、
    随分前に書いたなぁ。

    相変わらず、行き当たりばったりのような展開の話ですが、
    着実に物語は進行していて、
    次の第三巻でこのシリーズも終わってしまうのです。

    ちょっと寂しい気もしますが、楽しみでもありますね。

    あちきは、まだ読んでいませんが、
    読み終わった方はどんな感想をお持ちになったのでしょうねぇ。

    まぁ、たぶんですが、ハッピーエンドで終わると思うし、
    その部分では安心していられるのですよ。

    そう思っていると裏切られそうな気もしますが、、。

    ちなみに、この本のシリーズ名は、
    本に載っている解説によると「キャテン」三部作と言われているそうです。

    なんか、はじめて知ったような。

    忘れていただけなのかな。

    あちき的には、
    普通に「フリーダムズ」三部作の方がわかりやすい気がするんですけど。

    まぁ、えぇか。

    で、この物語は、突然襲ってきた宇宙人によって、
    地球が植民地になってしまい、
    そこで反乱を企てたり反抗的な地球人が新しい居住かのうな惑星に連れて行かれて、
    開拓して生き延びろという話になっております。

    今回の目玉は、
    なんといっても主人公のクリスが出産することかな。

    それも異星人の恋人ではなく、
    ある意味酔った勢いでやってしまって一発必中で出来てしまった感じかな。

    でも、異星人の恋人は、
    異種間で子供が作れないからそれはそれでOKって展開もマキャフリイらしいです。

    まぁ、物語はわくわくするような盛り上がりも少なくどちらかというと、
    小さな日常と、小さな事件の積み重ねで進んでいくって感じかな。

    私は、それが好きだったりするんだけどね。

    まぁ、何でもそうだけど、
    三部作の真ん中はクライマックスへの橋渡し的な物語になってしまうのよね。

    それを中だるみと感じるか、
    いやいや感じさせないで作るのは大変だなぁ、と。

    でも読み終わった後、
    はやく続きが読みたくなるというのは、
    やっぱりおもしろいからなんでしょう。

    考えてみれば、まだまだマキャフリイの読んでいない作品が多いなぁ。

    アチキの好きなバーンの竜騎士シリーズも「竜の挑戦」を読んでいないし。

    まだまだ楽しみがいっぱいだね。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : SF小説
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : SF サバイバル 恋愛 アン・マキャフリイ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー