g@me. (ゲーム) 【2003年製作:映画】

    「g@me.(ゲーム)」です。

    藤木直人と仲間由紀恵です。

    まぁ、
    仲間由紀恵見たさに観たようなもんだけど。

    まぁ、
    ビデオで観て正解って感じ。

    これは、
    劇場で観るのはつらいねぇ。

    後半は、
    どんでん返しの連続なんだけど、
    やりすぎるとつまらないよね。

    特に、
    オープニングの藤木直人が死んでしまう(実は死なないのだが)シーンが良かっただけに、
    それが生かされていないのは、
    残念だねぇ。

    後半のこれでもかっていうどんでん返しがメインなら、
    オープニングで藤木直人を死んでいるように見せなければよいのに、
    ってかんじ。

    仲間由紀恵は、
    シリアスな役なんだけど、
    ちょっと表情が淡泊だからつらいよなぁ、
    って感じ。

    表情を大げさに作れるコメディなら生きてくるんだけど、
    今回のはちょっとねぇ、
    って感じ。

    なんだかんだと最後まで観られたのは、
    ちょっと驚き。

    途中で飽きるかなぁ、
    って思ったんだけど。

    最後をどんな風に終わらせるのか、
    それだけが知りたくて観たって感じかな。

    だから、
    よけいまだ続くのかよ、
    って感じになったんだね。

    もう、
    ラストの方なんか、
    もう引っかけようとしていることが普通になってしまっているから、
    観ていてつらいんだよねぇ。

    登場人物みんながいい子になろうとしているし。

    どうしても邦画に対しては辛くなるなぁ。

    これが、
    洋画だったらここまでかかないだろうなぁ。

    もう、
    B級ですからって言って全てOKにしてしまうんだろうなぁ。

    結局、
    洋画ならB級止まりの作品が、
    メジャーぽく扱われているのが、
    イヤなんだろうなぁ。

    作品の内容よりも、
    タレントや俳優のイメージが優先させられて、
    物語が歪曲しているように感じるんだよね。

    それが、
    いい方に曲がっているなら何も感じないんだけど、
    悪い方に曲がっていると感じるからイヤなんでね。

    ふぅ。

    やっはり、
    良い日本映画は、
    ホント少ないよなぁ。

    まぁ、
    藤木直人と仲間由紀恵のファンだったら、
    問題なく楽しめる映画にはなっていると思います。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 日本映画
    ジャンル : 映画

    tag : サスペンス ミステリー 犯罪 仲間由紀恵

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー