ねじまき鳥クロニクル 【小説】

    「ねじまき鳥クロニクル」です。

    井戸の物語です。

    いや、穴の物語と言った方がいいかな。

    いやいや、痣の物語といった方がいいかな。

    でも、印象に残っているのは、中国の話なんだよねぇ。

    結構、えぐい描写なんだよなぁ。

    平井和正の「死霊狩り」を思い出してしまったもんなぁ。

    文庫本は全三巻。

    結構なボリュームです。

    おもしろかったから、分量は気にならなかったけどね。

    物語の背景の話が多かったんだよね。

    だから、主人公が出てくるシーンが意外と少ない。

    相変わらずちょっと不思議な物語です。

    大体、人を捜すために穴の中にはいるくらいですから。

    中国の話がなかったらもっとシンプルな話になったかもしれない。

    あの話があそこまで詳しく描かれる必要があったのか、
    ちょっと微妙。

    たぶん読み飛ばしていっても内容は理解できると思う。

    ホント、えぐい描写が苦手な人は、
    読み飛ばした方がいいな。

    そーいえば、知人で実齋、
    耐えられなくなって読み飛ばした人がいたなぁ。

    なんか、こう書くとホラー小説と思ってしまう人がいるかも。

    ホラーというよりスプラッターって感じかな。

    う~ん。

    まぁ、不思議な物語ですよ。

    主人公の奥さんが魅力的に描かれているから、
    後半出てきたときには、
    やっぱり心に病を持っていたのですかぁ、
    って感じだったけど。

    一度、すごく普通の人しか出てこない村上春樹氏の本を読んでみたくもあるなぁ。

    たぶん、すごくつまらないんだろうなぁ。

    まぁ、えぇか。

    すごく売れたから、
    村上春樹ファン以外の人も結構読んでいると思うし。

    しかし、というか、なんというか、
    やっぱり私的には「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」がいいよなぁ。

    ナンバーワンだよ。

    思ったよりは「ねじまき鳥クロニクル」は良くなかったなぁ。

    期待していたからかなぁ。

    まぁ、つまんなかったら最後まで読まないだろうし。

    ただ、はじめに手をつける本ではないな。

    他の村上春樹氏の本を読んでからの方が、よいと思うぞ。


    ■どこでも楽しめるKindle無料アプリで、今すぐ読書を始めよう。



    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 読書感想
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : ドラマ 戦争 村上春樹

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー