新訂版コナン全集5 真紅の城砦 【小説】

    ふう。

    楽しく読み終えました。

    コナン・シリーズ第5巻です。

    ヒロイック・ファンタジー小説の傑作ですよ。

    遂に、コナンが王様、キングなったエピソードが載っています。

    盗賊から傭兵、海賊と色々とやってきたキンメリアのコナンですが、
    遂に王様ですよ。

    「新訂版コナン全集5 真紅の城砦」には、
    3つのお話が掲載されています。

    「黒い異邦人」に「不死鳥の剣」、
    そして本のタイトルにもなっている「真紅の城砦」です。

    この他に資料として「辺境の狼たち」という小説の草稿゛掲載されていたりします。

    「黒い異邦人」は、
    まだキングになっていません。

    イメージとしては、
    前巻からの流れに直結する感じで、
    ピクト人から逃げていて、
    そこであるモノを見つけます。

    そのあるものとはお宝で、
    実はこいつを狙っていた連中がおり、
    このお宝の近くに城を築いて都から逃げてきた伯爵が住んでいて、
    三者三様の思惑が交差して物語が展開していきます。

    「不死鳥の剣」は、
    アキロニアのキングになったコナンのお話。

    よそ者の蛮族に王位に就かれて腹立たしい人間たちがいて、
    そいつらとコナンの戦いが繰り広げられます。

    最後に「真紅の城砦」です。

    王となってはじめて敵国につかまってしまうお話。

    そこから脱出し、自国を守れるのかコナン王よ、
    って感じのお話ですね。

    今までもコナンは、俺様でしたから王様になってもある意味変わらなかったりもしますが、
    今までは自分のためという行動も、
    今度は国民のためという行動原理が働いており、
    実に王様らしいコナンが観られます。

    蛮族としての荒々しい戦いぶりなんかも王様になっても健在なので、
    そういう意味では王様といえどもコナンにとっては一つの職業に過ぎないという感じです。

    いきなり「新訂版コナン全集5 真紅の城砦」から読むというのも一つの手ではありますが、
    アチキとしては、
    やはり盗賊から、一匹狼の頃から出世していくコナンを体験して欲しい気もします。

    まぁ、どこから読んでも楽しめますので、
    手に入る本から手にとってご一読くださいな。

    面白いでっせ。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : ファンタジー小説
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : ファンタジー 怪獣 アクション 冒険 バイオレンス ちょいエロ ロバート・E・ハワード

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー