ダーティペアの大冒険 【小説】

    昨日「宇宙船ビーグル号」のネタで、
    ダーティペアのことをちろっと書いたから、
    今日は「ダーティペアの大冒険」をネタに。

    これがダーティペアシリーズの第一作になります。

    あちきが中学生の時に読んだんだよねぇ。

    いやー、おもしろかったなぁ。

    マンガみたいなノリで、
    かる~く読めるのがいかったねぇ。

    クラッシャージョウシリーズも軽いんだけど、
    それ以上に軽い。

    軽いことを悪く取って欲しくないです。

    ノリとテンポがいい。

    中身が薄いわけじゃないです。

    まぁ、重厚で哲学的な部分があるのかというと、
    ないです。

    やっぱり、この雰囲気が大切なんだろうなぁ。

    美少女二人が活躍するスペースオペラです。

    この手のモノで主人公が女性二人組で、
    ノリがいい作品ってなかったんじゃないかなぁ。

    今は、アニメで氾濫しているけど。

    そーいう意味では、はしりだね。

    で、物語は銀河系のお助けマン?トラブルコンサルタントの組織に属する二人組。

    コードネーム「ラブリーエンゼル」。

    通称「ダーティペア」。

    何がダーティーって、
    事件の解決はするのですが、
    終わり方がダーティ。

    段々その規模が大きくなって、
    しまいには宇宙でも壊してしまうんじゃないかと思えるくらいです。

    それほど、終わり方がひどい。

    なので読者としては、
    次はどのくらいの被害がもたらされるのだろう、
    と思ってしまうわけです。

    その欲望はつきることなく、
    やっぱり最後は宇宙かな、
    なんて思ってしまうわけです。

    一巻が出てから、次が出るまで結構時間かかったのですが、
    それ以降は、比較的コンスタントに出版されているみたいです。

    みたいというのは、
    最初の三巻か四巻までしか読んでいないのよ。

    だから、いま最新刊が何巻になっているのか知らない。

    アニメもねぇ、、、、。

    キャラクターデザインが、
    安彦氏から変更になってしまったから、
    食わず嫌い状態でまともに観たことないし。

    おっと、今回は小説の「ダーティペアの大冒険」がネタでしたね。

    第一巻は、短編・中編の連作小説って感じ。

    二巻目以降は、一冊一話って感じの長編になっているんだよね。
    (全部読んでいないからいいきっていいものか。。。。)

    まぁ、そんなこんなで、
    ダーティペアシリーズの入門にはぴったり。

    当然といえば当然か。

    一巻だし。

    SFといっても難しいことはないし。

    基本的に、宇宙冒険活劇ですから。

    ノリとテンポで、
    一気にだぁぁーーー、
    って感じで読めます。

    これは、ちとオススメです。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : SF小説
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : SF 高千穂遙 安彦良和 スペースオペラ 超能力 ダーティペア

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー