鉄腕アトム 【マンガ】

    手塚治虫の「鉄腕アトム」です。

    手塚治虫の」と、言っているのは、
    実は浦沢直樹の「鉄腕アトム」があるからです。

    浦沢直樹の「鉄腕アトム」は、
    「地上最大のロボット」をもとにしたマンガです。

    「地上最大のロボット」は、
    「鉄腕アトム」のワンエピソードです。

    この浦沢直樹が描いた「鉄腕アトム」「PLUTO」は、
    実に素晴らしい。

    いずれネタにします。

    と、言うことで偉大なマンガ家で、
    日本国民のほとんどの人が知っている作品「鉄腕アトム」が今回のネタです。

    でも、意外と「鉄腕アトム」をちゃんと読んだことがある人は少ないのではないかな。

    特に、今の十代の人なんかは、
    手塚治虫の作品自体あまり読んだことがないんではないでしょうか。

    実に、素晴らしい作品がありますので、
    この機会に是非いろいろな作品を読んで欲しいです。

    と、言うことで「鉄腕アトム」です。

    十万馬力の科学の子、「鉄腕アトム」。

    天馬博士の息子、飛雄(トビオ)が交通事故で死んでしまい、
    息子にそっくりなロボットを作ろうとして作られたのがアトムです。

    そして、アトムは、その後いろいろとあってお茶の水博士の下、
    世界の平和のために日夜活躍するのです。

    そして、遂にアトムは最終回に太陽に向かって飛んでいくのです。

    その理由は、読んでからのお楽しみ。

    まぁ、よく言われていることですが、
    「鉄腕アトム」は、人種差別などをテーマにしています。

    ロボットが人間と同じように生活しているから人種差別に発展するのです。

    差別は、優劣をつけるところからスタートするから、
    永遠になくならないだろうなぁ。

    そして、古いマンガだから表現的に規制対象になる言葉とかもいっぱいあります。

    読者の中には、不快に感じることもあるでしょう。

    まぁ、難しいことは、
    いろいろなところで語られているので、
    あえてここで語ることはしません。

    要は、「鉄腕アトム」は、おもしろいと言うことです。

    確かに、表現やビジュアルなど時代を感じるでしょうが、
    物語は実に良くできています。

    マンガが子供のおやつであった時代の実に素晴らしい作品です。

    是非、一度は手にとって読んでみてください。

    アニメでもいいと思います。

    最近、リメイクされたりしていますから。

    アチキは、リメイクされた「鉄腕アトム」は、
    まだ観ていないんでけどね。

    いずれ、機会があったら観てみたいと思っています。

    まぁ、出来れば原作のマンガを読んで欲しいですけど。


    ■eBookJapanでも「高杉さん家のおべんとう」のダウンロード販売しています。



    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF ロボット 手塚治虫

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー