1973年のピンボール 【小説】

    最近、というよりちょっと前まで、
    原稿待ちのときとかにパソコンにインストールされているデジタルピンボールで時間をつぶしていました。

    昼間はやっていないです。ちなみに。

    夜だけです。
    一応就業時間を過ぎてからの待ちの時だけです。

    今のハイスコアーは、
    たしか500万点くらいだったような気がします。

    で、村上春樹著「1973年のピンボール」で、
    主人公の青年?が出したピンボールのハイスコアーは、
    たしか165000点。

    まぁ、当時の状況と今とでは、
    ピンボールの点数のインフラが進んでいるので何ともいえませんが、
    中学当時の名前も覚えていないピンボールのスコアーは、
    1万もいっていなかったような気がします。

    まぁ、そんな昔話は置いといて。

    そーそー、一番熱中したピンボール台は「リーサルウェポン」だったなぁ。
    「ターミネーター」も好きだったけど「リーサルウェポン」は良かった。

    スタートの時にBGMを任意で決められたりして、
    雰囲気がとっても良かった。
    役の作り方は「ターミネーター」の方がおもしろかったような気がする。

    まぁ、そんな昔話は置いといて。

    そーそー、「風の歌を聴け」の続編「1973年のピンボール」は、
    前作を読んでいないとちょっとつまんない話になっています。

    そして、なにより「羊をめぐる冒険」のプロローグでもあります。

    主人公の彼はいつも昔を振り返っています。
    なんて後ろ向きなやつなんだと思ってしまうほど、
    過去を気にして生きています。

    ぜーんぜん前向きじゃありません。

    まぁ、この性格のおかげで「羊をめぐる冒険」はとってもおもしろく読めるのです。

    さてさて、彼はむかし彼女とハイスコアーを出したピンボール台を探し回ります。

    なんのために探しているのか、そんなこと私は知りません。
    なんか理由は書いていたような気がしますが忘れました。
    想像するに「過去」という時間を、もしかしたら記憶かな、
    形ある物に求めたのかもしれません。

    結局、そのピンボール台が見つかったのかどうかは、
    秘密です。

    古い物(ピンボール)も新しい者(双子)も手に入れることができなかった彼は、
    「いるかホテル」へ向かうのです。
    「鼠」に会うために。

    そーそー、スペースシップです。

    なんのことかって?

    教えてあげない。

    で、いま思い出そうとしているが双子の番号。

    201、202だったけかなぁ。
    203、204だったけかなぁ。

    あぁぁぁ、もぉぉぉぉぉ。


    ■どこでも楽しめるKindle無料アプリで、今すぐ読書を始めよう。



    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 読書感想
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : 村上春樹 ピンボール

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー