007 死ぬのは奴らだ 【1973年製作:映画】

    3代目、ジェームズ・ボンド登場!

    ロジャー・ムーアですよ。

    原作者が、今までで(ショーンとジョージのこと)一番原作のイメージに近い、
    と言ったとか言わなかったとか。

    確かに、
    この「007 死ぬのは奴らだ」だけを観ていると、
    そんなことは感じないんだけど、
    次回作である「黄金銃を持つ男」になると、
    役も板について、
    あぁ、なんかジェームズ・ボンドってこんな感じなんだろうなぁ、
    と思えるようになるのが不思議。

    ロジャー・ムーアに決まった背景には、
    ショーン・コネリーの推薦が大きかったらしい。

    ショーン自身が、彼ほどボンドに適した俳優はいないと言ったとか。

    しかし、アチキの中では、
    ベスト・オブ・ボンドは、、、、、
    そのうち教えましょうかね。

    さて、
    今回の「死ぬのは奴らだ」は、
    何となくオカルトテイストの物語になっております。

    ブードゥーが出ているだけと言われればそれまでですが、
    まぁ、いい味付けになっていること確かです。

    映画全体を通して、
    熱いイメージも伝わってきていますし。

    タロットカードの女占い師(ボンドガール)とか、
    いい感じなんですよ。

    カードのことは何でも信じてしまうと言うくらい、
    オカルト信者な女性で、
    それを逆手にとって、
    二人は恋人になる運命なんだとカードを使って落とすボンドが、
    いいんだなぁ。

    アクションシーンも今までのシリーズより、
    ワンランクアップって感じで、
    古くささは、今までよりも無いかもしれません。

    ただ、残念なのは、
    007シリーズの名物でもあるQが登場しないこと。

    いやー、彼なくして007シリーズは語れないモノなぁ。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : スパイ アクション 犯罪 動画 ロジャー・ムーア

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー