ダウト 【2005年製作:映画】

    原題は「SLOW BURN」なんですが、
    邦題の「ダウト」の方がしっくり来る感じの映画です。

    主人公の地方検事の所に、
    恋人がつかまったと連絡があり、
    話を聞くと男に襲われそうになって射殺したと証言。

    当然、
    主人公は恋人の証言を信じるわけですが、
    そこへ、
    この事件は恋人との策略で殺されたのだと、
    殺された友人が現れるのです。

    ここからが、
    この映画のキモになるわけです。

    一体、
    誰の証言が真実なのか。

    それとも、
    全てがウソなのか。

    主人公は、
    恋人の証言が真実であるとおもい調べはじめるのですが、
    出てくる証拠や聞き込みの証言は恋人がウソをついているということが分かっていくだけ。

    今まで、
    信じていた恋人の話がウソだと分かって行くにつれて、
    今回の件もウソではないかと思うようになるわけです。

    そこへ第三の人物が登場するのですが、
    これは、
    ちと欲張りすぎの感じでしたね。

    それは、
    それとして、
    回想シーンを上手く使って、
    真実がどれなのかを最後まで分からなくさせているのは、
    良かった。

    こういう場合、
    なんの関係もないような人物が実は重要な人物だったりするのですが、
    アチキは、
    この人物はきっと何かあるぞ、もしかして真犯人か、
    なんて思いながら観ていたら案の定でしたね。

    その人物が誰なのかは、
    観てもらって確認してください。

    アチキは、
    恋人役のジョリーン・ブラロックがお気に入りで、
    彼女が出ているというので、
    観たのですが、
    結構、
    あたりでしたね。

    ジョリーン・ブラロックを知らない人のために、
    アチキは「スター・トレック エンタープライズ」で彼女のファンになりましたね。
    トゥポルの役ですね。女性バルカン人の。

    その前に「アルゴノーツ 伝説の冒険者たち」にも出ていたんですが、
    その時は全然意識していなくて、
    えぇ、
    どの役で出ていたんだ、
    と見直しまいましたよ。

    端役かと思っていたらなんだメインじゃん、
    みたいな、
    ね。

    最近だと「スターシップ・トゥルーパーズ3」に出ていますよ。

    まぁ、
    そんなこんなで、
    動機は不純で観たのですが、
    おもしろかったので、サスペンスモノが観たい人にはお勧めしますよ。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : ミステリー サスペンス 警察 ちょいエロ ジョリーン・ブラロック 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー