F1 2011 Round.17 インドGP

    初開催のインドGPです。

    ブッダ・インターナショナルサーキット。

    初開催で大勢のお客さんが入っていました。

    フリー走行、予選とちょっと寂しい感じでしたが、
    決勝日は応援フラッグを持ったF1ファンがいっぱい来ていました。

    動員もあったかも知れませんが、
    それ以上に沢山のファンがいてとても初開催とは思えないです。

    やはり、チームなりドライバーなりがいるというのは、
    大切なことなんだなぁ、と。

    これがヨーロッパは別としてもアジアではまだまだモータースポーツが市民権を得ていない国では、
    大切なことだとつくづく思いましたね。

    日本のF1人気は、今では定着してきましたが、
    それまではやはり寂しい感じだったことを考えると、
    これからのインドは凄い事になりそうだなぁ、と。

    さて、グランプリが始まるまでに久々にモータースポーツで二輪、四輪と死亡事故が続き、
    色んな思いでインドGPがスタートしたわけですが、
    ポールポジションはレッドブルのセバスチャン・ベッテル。

    セカンドローにマーク・ウェバー。

    レッドブル・レーシングとしては、
    コンストラクターズとドライバーズの二冠を取ったわけですが、
    マーク・ウェバーのドライバーズランキング2位を確定するためにがんばりました。

    しかし、スタートはいつものように失敗せず、順調にいくかなぁ、と思ったのですが、
    すぐにジェンソン・バトンに抜かれて、
    もう後は落ちる一方でしたね。

    ホントに、タイヤの使い方に苦労しているシーズンって感じです。

    そして、スタート直後の1コーナーでダスティな所でグリップを失ったフェラーリのフェルナンド・アロンソが、
    ポジションダウン。

    その後、さすがに走りで、
    結果は三位表彰台。

    同じくチームメイトのフェリペ・マッサですが、
    また今回もルイス・ハミルトンとやってくれました。

    もうこれは、ショーだね。

    絡んだら何かやってくれるという期待に応えてくれる二人です。

    で、今回はフェリペ・マッサがペナルティを喰らいました。

    まぁ、ミラー見ていて閉めたんだから仕方がないよね。

    その後、コーナーで自爆してリタイヤ。

    二日連続で宴席の内側にあるブロックにタイヤを当ててサスペンションを壊すという、
    何とも情けないリタイヤでした。

    一回ならまだしも二回ですからね。

    こりゃぁ、チームも怒るよりあきれてしまったんじゃないかな。

    さて、小林可夢偉ですが、
    スタートの混乱で巻き込まれて終了。

    予選も芳しくなくて良いところがないインドGPでした。

    一部のファンからは小林可夢偉の彼女が下げマンなんだという声が上がっていますが、
    そう思いたくなる気持ちも分からないではない感じになってきましたね。

    そんな声を吹き飛ばすような走りを見せて欲しいです。

    今年のグランプリも後二戦。

    最後まで楽しませてくれそうです。

    2011 FORMULA 1 AIRTEL GRAND PRIX OF INDIA

    Provisional Results
    Pos_No_______Driver______________Team_______Laps_Time/Retired_Grid_Pts
    11Sebastian VettelRBR-Renault60Winner125
    24Jenson ButtonMcLaren-Mercedes60+8.4 secs418
    35Fernando AlonsoFerrari60+24.3 secs315
    42Mark WebberRBR-Renault60+25.5 secs212
    57Michael SchumacherMercedes60+65.4 secs1110
    68Nico RosbergMercedes60+66.8 secs78
    73Lewis HamiltonMcLaren-Mercedes60+84.1 secs56
    819Jaime AlguersuariSTR-Ferrari60+1 Lap104
    914Adrian SutilForce India-Mercedes60+1 Lap82
    1017Sergio PerezSauber-Ferrari60+1 Lap201
    1110Vitaly PetrovRenault+1 Lap16
    129Bruno SennaRenault+1 Lap14
    1315Paul di RestaForce India-Mercedes+1 Lap12
    1420Heikki KovalainenLotus-Renault+2 Lap18
    1511Rubens BarrichelloWilliams-Cosworth+2 Lap15
    1625Jerome d'AmbrosioVirgin-Cosworth+3 Lap21
    1722Narain KarthikeyanHRT-Cosworth+3 Lap23
    1823Daniel RicciardoHRT-Cosworth+3 Lap22
    1921Jarno TrulliLotus-Renault+5 Lap19
    Ret6Felipe MassaFerrari+28 Laps6
    Ret18Sebastien BuemiSTR-Ferrari+36 Laps9
    Ret12Pastor MaldonadoWilliams-Cosworth+48 Laps13
    Ret24Timo GlockVirgin-Cosworth+58 Laps24
    Ret16Kamui KobayashiSauber-Ferrari+ secs17









    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー