闇の左手 【小説】

    作者はアーシュラ・K・ル=グインですよ。

    ゲド戦記」で有名になりましたねぇ。

    ゲド戦記」の小説はバツグンに面白いですよ。

    なので、
    久々に本をネタにするので、
    一般ウケを狙って「ゲド戦記」をネタにしても良かったのですが、
    普通に書いたららしくないので、
    作者アーシュラ・K・ル=グインの代表作「闇の左手」にしました。

    代表作なんですけど、
    ジャンルがSFなので、
    普通の方は中々手にとって読むことはないでしょう。

    なので、
    ゲド戦記」がタイムリーな話題の時に、
    ちょっと知ってもらおうかなぁ、
    といった感じですね。

    闇の左手

    アメリカのSF小説の二大タイトルヒューゴー賞とネビュラ賞のダブルクラウン作品なんですね。

    ヒューゴー賞とネビュラ賞がどんな賞なのかは、
    ここで詳細に書いてもしょうがないので、
    書きませんが、
    SFを愛する人々に認められた作品である、
    と言うことだけはこの賞を取ったことでも分かると思います。

    闇の左手

    惑星ゲセンの物語。

    人類の植民地にして、特殊な社会が作られた世界。

    男と女。

    右手と左手。

    光と闇。

    生と死。

    すべの事象は対をなしている。

    そして、対になるモノは決して交わることなく形成されている。

    そんな、特殊な社会的概念を持った世界に人類が行ったとき、
    その世界はどうなっていくのだろうか。

    主人公であるゲンリー・アイは、
    人類社会の代表として、外交使節として惑星ゲセンに降り立った。

    雪と氷に閉ざされた世界。

    惑星ゲセン。

    ゲンリー・アイは、旅の終わりに何をみたのだろうか。

    物語の筋だけを書けば、
    もしかしたらつまらないと感じてしまうかもしれない。

    やはりその世界に立たなければ、
    その世界の価値基準を感じることは出来ない。

    そして、アーシュラ・K・ル・グインは、
    惑星ゲセンに一つの価値基準を持った世界を創造した。

    ゲド戦記」がそうであったように。

    ここにも、もう一つの世界が存在しているのだ。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : SF小説
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : SF エイリアン アーシュラ・K・ル=グウィン

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー