こちら葛飾区亀有公園前派出所 165巻 【マンガ】

    「こちら葛飾区亀有公園前派出所」です。
    通称「こち亀」です。

    165巻です。

    たぶん、作者である秋本治氏が画けなくなるまで連載は続くことでしょう。

    相変わらずのおもしろさです。

    常に進化している「こち亀」ですが、
    それはおもしろさをキープするための進化であり、
    常にその時代を取り入れて読者を飽きさせないパワーを持っています。

    作品自体に何でも受け入れてしまえる懐の深さがあり、
    これは、「ルパン三世」と同じくらいですね。

    キャラクターもいろいろな意味で成長、
    進化しているのもファンの方ならよくご存知でしょう。

    秋本麗子の胸なんか、
    どこまで成長すればいいんだという暗い成長していますからね。

    それとは逆に、
    進化せずに存在し続ける愛すべきキャラクターもいます。

    165巻では、久々のオリンピック男、日暮が登場。

    しかし、時代ですね、日暮といえども変化を求められ、
    そして、変化している。

    その変化をネタにしていくという「こち亀」らしいお話でした。

    時代を取り入れているといえば、
    今回はドバイが取り上げられています。

    ドバイの話では、やつぱり両さんと部長はベストコンビなんだということがよくわかります。

    普通の展開なら金儲けに走る両さんに部長が怒るのですが、
    ドバイの経済成長を目の当たりにして、
    両さん共々金に染まっていく。

    以前、金持ちの気分を味わう企画で、
    寺井共々金の亡者になったときの話を思い出してしまいました。

    あれも実におもしろかった。

    今回、残念だったのはアチキの大好きな檸檬の登場がなかったことかな。

    全巻では、弁当の話で檸檬ちゃんらしい話が見えたので満足したのですが、
    今回は纏がネタ落ちのために出てきたくらいで、
    超神田寿司の話がなかったのが残念です。

    「こち亀」はどこから読んでも楽しいので、
    まだ読んだことのない人は、
    本屋に行って適当に好きなところから買って読んでみてください。

    まぁ、アチキとしては、
    檸檬が絡んでる話が掲載されているのを読んで欲しいのですが、
    好みは人それそれなので、
    好きなキャラクターやお話は自分で読んで見つけてください。

    ちなみにこの前コンビニで買った「こち亀」ドラマ化記念の総集編は、
    なかなかよいお話が詰まっていていい感じでした。

    全巻持っているのに、つい買って読んでしまうんだよね。

    単行本未収録の話とか、
    たまに総集編に載っていたりするしさ。

    いずれ、愛蔵版か完全版かわかりませんが、
    すべての話を載せたのを順次だしていって欲しいです。




    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 秋本治 警察 コメディ 日常

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー