F1 2011 Round.19 ブラジルGP

    遂に2011年シーズンも最後となりました。

    今年は、全19戦と予定よりも1戦少なかったですが、
    それでも長いシーズンでした。

    まぁ、終わってみれば、
    あっという間という感じはしますけど。

    ドライバーズ、コンストラクターズ共にチャンピオンが決まっていましたが、
    まだ下位の方では、順位の変動があるため必死で戦っていました。

    そう言う意味では、
    観ている人はどうか分かりませんが、
    チームやドライバーは消化レースという感じはしませんでしたね。

    アチキとしては、
    セバスチャン・ベッテルの年間優勝回数の記録がかかっていたので、
    その辺がどうなるのか、
    とか、
    小林可夢偉がどうなるのか、
    とか、
    フェリペ・マッサは表彰台にのれるのか、
    とか、
    他にも色々とありますが、
    見所満載で楽しく観戦させていただきました。

    結果、セバスチャン・ベッテルは、
    ギアボックストラブルで回転数を制限させられたためトップから2位に転落。

    穿った見方をすると、
    マーク・ウェバーの為にトラブルだと言うことにして制限させたのかなぁ、と。

    まぁ、そんなことはないと思うけどね。

    どのマシンにも基本的に言えるのは、
    最終戦でライフギリギリですからね。

    セーブした走りになったり壊れると言うことは、
    他のレース以上にあり得ると思うからね。

    と言う事で、
    今年は色んな事があってあんなに速いマシンに乗っていて優勝できなかったマーク・ウェバーが、
    最後に優勝できました。

    そして、今年一番のダークホースといって良いジェンソン・バトンが、
    3位です。

    いやいや、まさかここまで活躍するとは思いませんでしたよ。

    どう考えてもルイス・ハミルトンの方が速いと思えるからね。

    そのルイス・ハミルトンは、
    今年を象徴するかのようにギアボックストラブルでリタイア。

    フェリペ・マッサとのトラブルが多い一年で、
    今回のレースでも絡みそうになって、
    ドキドキしながら観ていましたよ。

    そして、フェラーリのフェルナンド・アロンソは、
    表彰台を逃しましたが、
    4位という結果で、シーズンの獲得ポイントも去年より上回り、
    さすが現役最強ドライバーといえる働きでした。

    それと、アチキドライバーの年齢ってよく分からないのですが、
    記録が絡めばそう言う話になるので知る程度なんで、
    今回もコメントを聞いていて知ったのですが、
    フェルナンド・アロンソとフェリペ・マッサって、
    同い年なんですね。

    それもフェリペ・マッサのほうが数ヶ月早い(あんま関係ないけど)と言う事らしいです。

    いやー、これにはビックリですね。

    どういう意味でビックリなのかは、
    ご想像にお任せします。

    そして、小林可夢偉。

    最後のレースでポイントゲット。

    (元)彼女の下げマン伝説が、
    まさに本当だったのかと思わせる結果でしたね。

    まぁ、そんなことはないと思うけど、
    別れたという話が上がってきてからの結果を見るとそう思いたくもなるファンもいるよなぁ、と。

    と言う事で、
    見所満載のブラジルGPでしたが、
    気持ちはすでに来シーズンへといっております。

    まだチーム体勢が決まっていないところもありますし、
    これからオフに入って色々な情報が飛び込んでくるとは思いますが、
    来年もきっと楽しいレースを見せてくれることでしょう。

    FORMULA 1 GRANDE PRÊMIO PETROBRAS DO BRASIL 2011

    Pos_No_______Driver______________Team_______Laps_Time/Retired_Grid_Pts
    12Mark WebberRBR-Renault711:32:17.464225
    21Sebastian VettelRBR-Renault71+16.9 secs118
    34Jenson ButtonMcLaren-Mercedes71+27.6 secs315
    45Fernando AlonsoFerrari71+35.0 secs512
    56Felipe MassaFerrari71+66.7 secs710
    614Adrian SutilForce India-Mercedes70+1 Lap88
    78Nico RosbergMercedes70+1 Lap66
    815Paul di RestaForce India-Mercedes70+1 Lap114
    916Kamui KobayashiSauber-Ferrari70+1 Lap162
    1010Vitaly PetrovRenault70+1 Lap151
    1119Jaime AlguersuariSTR-Ferrari70+1 Lap13
    1218Sebastien BuemiSTR-Ferrari70+1 Lap14
    1317Sergio PerezSauber-Ferrari70+1 Lap17
    1411Rubens BarrichelloWilliams-Cosworth70+1 Lap12
    157Michael SchumacherMercedes70+1 Lap10
    1620Heikki KovalainenLotus-Renault69+2 Laps19
    179Bruno SennaRenault69+2 Laps9
    1821Jarno TrulliLotus-Renault69+2 Laps20
    1925Jerome d'AmbrosioVirgin-Cosworth68+3 Laps23
    2022Daniel RicciardoHRT-Cosworth68+3 Laps22
    Ret23Vitantonio LiuzziHRT-Cosworth61Alternator21
    Ret3Lewis HamiltonMcLaren-Mercedes46Gearbox4
    Ret12Pastor MaldonadoWilliams-Cosworth26Spin18
    Ret24Timo GlockVirgin-Cosworth21Wheel24









    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー