ドラゴンクエストV 天空の花嫁 【プレイステーション2版】

    相変わらず面白いですね。

    「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」です。

    それもプレイステーション2にリメイク移植された「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」です。

    今更ですが、
    やっとプレイして終わりました。

    この時期は忙しかったなぁ。

    「機動戦士ガンダム 新ギレンの野望」と「エースコンバット アサルト・ホライゾン」と「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」の三本を同時進行的に遊んでいたからなぁ。

    いやいや、ホント大変だった。

    えっ、仕事が忙しかったんじゃないんだ、
    と思った方、
    その通りです。

    プライベートな時間は少ないですからね、
    その中でプレイするとこうなってしまうわけで、
    いつもそうならないように気をつけているのですが、
    たまに、こんなことになってしまうのよ。

    今は、プレイステーション3の「HEAVY RAIN(ヘビーレイン) -心の軋むとき-」だけをプレイしています。

    さて、色々と関係ない話をしましたが、
    「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」の話でも。

    やっぱり、このゲームの一番のキモは、
    花嫁を誰にするかでしょうね。

    今回もアチキは、
    フローラを選んでしまいました。

    今まで何度も「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」をプレイしたことがありますが、
    ビアンカを花嫁にしたのって、一回か、二回、いやいや一回だけかな。

    そのくらい、フローラをなぜか選んでしまうんだよね。

    いつも、花嫁を選ぶ直前のデータを残しているんだけど、
    中々、次の機会にビアンカというのが無くてねぇ。

    とまぁ、そんな個人的な趣味の話はよいとして、
    プレイステーション2版の「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」では、
    仲間との会話が出来るようになって、
    より一層仲間キャラクターへ愛着がもてるようになりました。

    このシステムは、実に良いよね。

    そして、本筋的な部分のストーリーでは、
    ボスが弱いです。

    一度終わってから本当のボスは強いです。

    これは、もう伝統になりつつあるけど、
    本編のボスは、昔は強かったんだけどねぇ。

    まぁ、誰でもとりあえずクリアできるレベルにしているんでしょうね。

    そして、本編とはあまり関係ないところでのミニゲームは、
    カジノと双六と最近の「ドラゴンクエスト」シリーズの定番はありますが、
    今回は、アチキ、双六は結構遊んだけど、
    カジノはほとんど遊ばなかったなぁ。

    仲間モンスターも色々と集めてレベルアップして、
    今まで以上に仲間モンスターを鍛えていたら、
    モンスターのレベルキャップって、
    モンスターごとに違うことをはじめて知りました。

    そんなこんなで、
    結構満喫させていただいた「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」です。

    今度は、「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」をプレイしよーっと。

    今度っていつだ?










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : RPG
    ジャンル : ゲーム

    tag : RPG ファンタジー スクウェア・エニックス 堀井雄二 鳥山明 すぎやまこういち 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー