The Elder Scrolls IV:Oblivion(ザ エルダー スクロールズ 4 オブリビオン) 【Xbox360版】

    いやー、マジ驚いた。

    これすごいね。

    強引な言い方だけど、
    オンラインRPGの内容をオフラインでやってしまっている感じですな。

    あぁ、パーティは組むことないから、
    その部分のことを言っているのではないのよ。

    自分以外のキャラクターがみんな生きているのよ。

    生きているというのは、正確ではないけど、
    生活していると言ってしまうと、
    味気ないからさ。

    プレイヤーも、まさにその世界で生きている感じがするのよね。

    キャラクターデザインは、実に日本人には受けにくいデザインです。

    プレイヤーキャラもオリジナルで作れるのですが、
    自分好みの美女を作ろうとするとこれが大変で、
    1時間近く格闘してもうまくいかなくて、
    ランダム設定でベースデザインを作り出したらこれがうまくいってね、
    そこからは30分くらいでお気に入りのデザインが生まれたかな。

    こんなにキャラクターデザインで苦労したのは、はじめてだけど、
    最初にゲームの世界に投げ出されたときも、
    何が何だか。

    まぁ、徐々に色々なアクションを覚えていき、
    城から出て近くの街までにそれなりに操作を覚えて、
    街でのクエストをいくつかこなしているうちに、
    大体、過不足なく操作やルールはなれたかな。

    まぁ、それからが長いこと長いこと。

    謎解きも大変だし、
    遺跡探検も大変だし、
    何しろ何かやる度にそれなりの苦労があるのよね。

    いつかのサブクエストなんかは、
    もう投げ出したいと思ったこともあったし、
    それでも何とかクリアできたときはうれしかったねぇ。

    そして、これRPGのくせに、
    というとちょっとへんだけど、
    マイキャラがレベルアップすると雑魚なんかも同じようにレベルアップしたりするので、
    レベルアップして俺つえぇ、プレイは出来ません。

    ゴリラのようなマントヒヒのようなモンスター?をやっつけるのに30分以上かかったか事もあるのよね。

    無視すればいいのに、
    こんな奴に負けてたまるか、と向きになって戦ってしまいました。

    基本、アクションゲームの感覚なんですよ。

    水辺で戦っていて、やばくなったら水に入って逃げていたら、
    相手も水の中まで追いかけてくるし、
    反対岸まで逃げても追いかけてきたり、
    臭覚なのか、視覚なのか、よく分からないけど、
    その辺のセンサーに反応すると襲ってくるのよね。

    いやー、マジで冒険している感じでしたよ。

    日本のRPGの作業的なモンスター退治とは、全然違います。

    そういうのが好きな人には、ちょっと受け入れがたいかも。

    それと、メインの物語はしっかりしているのよ。

    ただ、日本のRPGの習慣で町にいる人や外にいる人なんかも含めて、
    人がいると話しかける癖がついているので、
    そんなことをすればするほど、
    サブクエストがスタートしてしまうのよね。

    一つのクエストが終わらないと次に行けない、ということはないので、
    気がつかないうちに依頼を受けていたり。

    そんなことをしているうちにメインの話を忘れてしまったり、
    といったことで馴染めない人がいるみたいです。

    何人かにお薦めしたんだけど、
    相容れなかったみたい。

    まぁ、それはそれで仕方のないことだしね。

    「グランドセフト・オート」シリーズはプレイしたことないけど、
    同じ様な感じなのかなぁ、
    と思ってプレイしていました。

    アチキはXbox360でプレイしていましたが、
    たまに処理オチするくらいで、
    ほとんど不満はないです。

    PS3は、ほとんど処理オチしていないようですけど。

    いずれPS3を買ったらまた遊んでもいいかな。

    アペンドディスクも出ているしさ。

    Xbox360でもPS3でもいいから、
    どっちかのハードを持っていたら絶対に買ってプレイしてもらいたいね。

    それで、このゲームがおもしろいと思った人は、
    きっと新しいゲーム世界が開けると思うよ。

    おもしろくないと思った人は、
    たぶん、既存の昔ながらのRPGしか楽しめないと思います。

    別にその事が悪いと言っているのではありません。

    アチキもドラゴンクエスト大好きだし。

    アレはアレでおもしろいところがあるのでね。

    新しいシステムというとちょっと違うような気もするが、
    アチキとしては、やっとコンピュータを使うことが必然でありおもしろさでもあるゲームが出来はじめたな、
    と思っております。

    こういったゲームを日本でも出して欲しいよなぁ。

    たぶん、すごい金がかかると思うけどね。

    ほぼ何でも出来てしまうようなゲームは作るのも大変だからね。

    プレイするのも大変だけど。

    今度は、同じシステムで作られている「Fallout 3」(フォールアウト 3)をプレイしたいな。

    きっと、またはまってしまうのだろう。

    日本のRPGで自由度が高い、なんてほざいていた制作会社の人たちにこそ、
    ここにある楽しさを勉強してもっとすごいのを作り出して欲しいです。









    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : Xbox360
    ジャンル : ゲーム

    tag : RPG ファンタジー アクション 冒険 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー