ゲド 戦いのはじまり 【2004年製作:映画】

    アメリカで制作されたTVシリーズらしいのですが、
    日本では映画の扱いって感じです。

    原作小説の一巻と二巻の話の映像化です。

    「ゲド戦記」と巷では、
    大不評のアニメ「ゲド戦記」が有名ですが、
    (アチキは、まだ見ていません。)
    「ゲド戦記」のファンとしては、
    不評と言われるのが残念で、
    なんか原作までつまらねぇ、と思われているようで、
    かといって、
    原作の小説を活字離れ世代の方たちに読めと言っても中々読んでくれないだろうし、
    と言う事で、
    「ゲド戦記」は、
    そんなに酷い作品ではないというのを、
    この作品を見て少しは感じてもらいたいな、と。

    なんか、だらだらした文章になったのは、
    アニメ「ゲド戦記」を見ていないから、
    何とも言えないと言うことで、
    こういう書き方になってしまったのだとご理解ください。

    さて、アニメの方は、
    原作小説の途中からのお話しなので、
    それこそ、なんで最初っからにしなかったのかなぁ、と。

    でも、この映像作品は、
    TV用とはいえ、
    CGなんかも良く出来ていて、
    とても良質の作品に仕上がっています。

    それこそ、
    小説を読む切っ掛けになってくれそうな、
    入門編的な「ゲド戦記」となっているとアチキは思います。

    物語は、
    小説の「影との戦い」「こわれた腕環」の内容で、
    魔法使いになるまでと、
    魔法使いになって、闇の解放を阻止するまでの話になっています。

    それが約三時間で語られているわけですが、
    とても良い感じなんですよ。

    「こわれた腕環」のお話しに出てくるテナーという巫女も悪くないし、
    邪魔をする意地悪巫女も良い感じだし、
    配役は、悪くないとアチキは思いましたね。

    普通、三時間くらいになると、だらけたりするのですが、
    小説二冊分の物語なので、
    そんな感じはありません。

    テンポ良く進んで行きます。

    映像作品としては、このくらいがちょうど良いと思うのです。

    主人公の悩みだなんだは、
    小説を読んで感じてください。

    と言う事で、
    「ゲド戦記」入門編として、
    是非ご覧いただけたらという作品でした。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ファンタジー 魔法 動画 アーシュラ・K・ル=グウィン ダニー・グローヴァー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー