マクロスF(フロンティア) 【TVアニメ】

    「私の歌を聴け」と言う事で、
    「マクロスF(フロンティア)」です。

    アチキ、「マクロス7(セブン)」より前に「マクロスF(フロンティア)」を見たんですよ。

    なので、「私の歌を聴け」というフレーズが、
    「マクロス7(セブン)」の熱気バサラのオマージュだと言うことに気づきませんでした。

    と言う事で、
    劇場版作品はまだ観ていないのですが、
    TVアニメの「マクロスF(フロンティア)」のお話しをちょっとしますか。

    さすがに、マクロスシリーズの最新作と言うことで、
    TVアニメといえどもクオリティは、
    とっても高いです。

    主人公早乙女アルトとランカ・リー、シェリル・ノームの三角関係を中心に、
    新しい敵巨大異星生命体バジュラとの戦闘が描かれています。

    トップアイドルのシェリル・ノームは、
    実に良かったですね。

    可変戦闘機バルキリーの戦闘シーンもとっても良かったし。

    まぁ、物語もとても楽しくて、
    おかげで「マクロス7(セブン)」も見てみようかな、
    と思ったくらいですからね。

    「マクロスシリーズ」生誕25周年記念作品と言う事なのか、
    先程の「マクロス7(セブン)」へのオマージュ的な部分も含めて、
    過去の作品のオマージュがいっぱい詰まった感じの「マクロスF(フロンティア)」です。

    はじめての方にも過去からのシリーズのファンの方にも楽しめる作品ですよ。

    と言うか、
    「超時空要塞マクロス」から見続けている人ほど楽しめる作品です。

    いやー、アチキもその一人なので、
    最後の決戦で映画「超時空要塞マクロス」の主題歌が歌われた所なんか、
    最高に盛り上がってしまいました。

    逆に言うと、
    新しいと思えるネタがあまりなかったなぁ、と。

    やっぱり文化の象徴としての「歌」の扱いに関しては、
    最初の「超時空要塞マクロス」のインパクトが強すぎて、
    「マクロスF(フロンティア)」も含めて、
    「歌」の扱いに苦労しているなぁ、と。

    それこそ、「歌」に関しては、
    マクロスシリーズの定番アイテムだから割り切ってしまうと言うのも一つの手だな、と。

    と言う事で、
    今までマクロスシリーズを観たことがない人にもお薦め出来る作品です。

    是非、機会があったら「マクロス(フロンティア)」をご覧ください。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。








    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : マクロスF
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF 戦闘機 恋愛 ロボット 動画 中島愛 菅野よう子 遠藤綾 井上喜久子

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー