パーンの竜騎士6 竜の太鼓 【小説】

    パーンの竜騎士シリーズの6巻です。

    「竪琴師の工舎」シリーズの最終巻でもあります。

    そして、前巻までの主役メノリから少年ピイマアに変わります。

    ピイマアは、
    このあと、と言っても日本の刊行順で言う所の「白い竜」になるのですが、
    結構重要な人物として登場します。

    刊行順に読んでいると、
    あぁ、あの少年の昔の話ね、
    と言う事になりますね。

    といっても、
    「白い竜」とリンクしているところもあるので、
    あのとき事を思い出しながら、
    へぇ~、なんていう感じで読めたりもします。

    と、いった感じで、
    シリーズ全体から見ても結構重要な位置になる「竜の太鼓」ですが、
    基本的には、ジュブナイルなので、
    それまでの「竜の歌」や「竜の歌い手」同様、
    とても読みやすいです。

    で、少年ピイマアは、
    やんちゃ坊主というか、
    何というか、
    万人に好かれるようなキャラクターではないです。

    かくいうアチキも、
    それほど好きなキャラクターではないです。

    でも物語は面白いですよ。

    歌い手だったピイマアは、
    声変わりと共に歌い手から太鼓叩きに変わって、
    ある意味ふてくされていて、
    そんなとき、新しい大陸が見つかって、
    そこの調査に向かうことになるのです。

    そして、
    そこで様々な体験をして、
    重要なポジションに着くようになるわけですね。

    そんな感じで、
    パーンの竜騎士シリーズの大きな物語の一つが、
    ここで完結するという感じです。

    1~6巻までは、
    一つの流れになっていて、
    これ以降は、その後の時代なのですが、
    ベンデン大巖洞を中心とした物語ではなくなります。

    まぁ、これ以降の物語は、
    またこの次にでも書くとして。

    「竜の太鼓」については、
    きっと、それまでシリーズを読んで頂ければ、
    すんなりと読みたくること必死で。

    こういう展開になるんだ、と、
    ちょっと肩すかし的な気分を味わいますが、
    読み進めていくうちにきっとピイマアの活躍に夢中になっていることでしょう。

    なので、
    是非、パーンの竜騎士シリーズは、
    超お薦めですので、
    是非、是非、ご一読してくださいな。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : SF小説
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : SF ファンタジー ドラゴン アン・マキャフリイ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー