パーンの竜騎士7 竜の反逆者 【小説】

    ベンデン大巖洞のレサを中心とした物語が一段落して、
    パーンの世界を舞台にした物語に変化した7巻です。

    外伝もあるのですが、
    そちらは、過去の話が中心で、
    いわゆる正史とは別の話という位置づけです。

    そちらも面白いので、
    いずれネタとして扱えればな、
    とは思っています。

    さて「竜の反逆者」ですが、
    物語の紹介としては、
    テルガー城砦ノ太守の姉セラの物語のようになっていますが、
    セラが常に中心で物語が展開しているわけではございません。

    セラに関わる周囲の人たちの話なんかも結構なボリュームでさかれていて、
    久しぶりに読んだアチキなんて、
    ちょっと戸惑う部分もいっぱいありましたね。

    それでも、後半にかけては、
    さすがアン・マキャフリイといった感じで、
    ぐいぐい物語に引き込まれてしまいました。

    そして、アチキの読む前の勝手な想像では、
    セラも最終的には結構いい人とか、
    これからの物語にいい人として関わってくるのかなぁ、
    なんて思っていたのですが、
    そんなことはありませんでしたね。

    最初から最後まで一貫して、
    唯我独尊、自分が全てという素晴らしい考えのもと、
    ベンデン大巖洞を含むパーンにたいして戦いを挑んでいきます。

    ちなみに、戦いといってもとんでもない大きな戦いと言うことではありません。

    セラ個人の戦いと言うことです。

    まぁ、時間軸としては、
    「白い竜」と平行している部分もあって、
    見方を変えれば、
    その時、パーンではこんなことがあったのよ、
    的な話でもあります。

    今から読む人は、
    続けて間をおかずに読めるので、
    きっとはじめからすんなり楽しめることでしょう。

    もちろん、セラ以外にもいっぱいでて来る人たちの中には、
    おなじみのメンバーもいっぱい出てきます。

    そう言う知った人たちが出てくると、
    久しぶりに旧友に再会した気分になれるというのもこの作品ならではといった感じですね。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : SF小説
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : SF ファンタジー ドラゴン アン・マキャフリイ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー