リュウの道 【マンガ】

    石ノ森章太郎の名作マンガ「リュウの道」です。

    ファンの間では、
    「リュウ三部作」と親しまれている作品です。

    「リュウ三部作」とは、
    この作品「リュウの道」を第一作とし、
    二作目を「原始少年リュウ」三作目を「番長惑星」とした作品群のことを指します。

    ちなみに、
    アチキは今回、会社の先輩から「リュウの道」をかりて読むまで、
    「番長惑星」しか読んでいませんでした。

    いやー、「番長惑星」は面白かったなぁ。

    と言う事で、
    「リュウの道」をはじめて読んだのですが、
    いやー、面白かったなぁ。

    文庫本版を読んだので、
    全四巻です。

    主人公柴田リュウが、
    宇宙船に密航して、
    それがばれてコールドスリープで眠らされて、
    目覚めてみると見知らぬ惑星に宇宙船が着陸していた。

    と言うところから物語が始まります。

    この見知らぬ惑星が地球なんですけどね。

    何でこんな世界になってしまったのか、
    その原因を調べると共に、
    文明社会を探し回る柴田リュウ。

    途中で、おなじように宇宙船に隠れ住んでいた姉弟と遭遇。

    そこから本格的な冒険が始まります。

    物語は、二部構成になっていて、
    第一部は、冒険色が強く、
    ミュータントとなった亜人類と戦いながら文明人の仲間を捜し回る物語。

    第二部は、柴田リュウがリーダーとなって、
    生き残った人類が進むべき道を模索する物語になっています。

    まぁ、二部の文字が多いこと多いこと。

    ちょっと読むのに疲れてしまうところもありますが、
    面白いので夢中になって読んでしまいました。

    ラストの方は、
    「2001年宇宙の旅」か「幼年期の終わり」を彷彿とさせる感じでして。

    こう書いてしまった段階で、
    知っている人にはネタバレに近い感じになってしまいますが、
    そこまでが非常におもしろいし、
    あくまでも彷彿とさせる程度のものなので、
    あまり気にならないかな。

    まだ読んだことがない人は、
    是非、機会があったらご一読を。

    とても面白いです。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF 冒険 アクション 超能力 ロボット サイボーグ 石ノ森章太郎

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー