F1 2012 Round.2 マレーシアGP

    第二戦マレーシアGPは実に劇的なレースでした。

    第一戦からわずか一週間後のレースと言うことで、
    チームの戦力は大きく変わることなく、
    違うとすれば、
    マレーシアGPはパーマネントサーキットと言うことで、
    現時点でのチームの差がはっきりするかな、と。

    とはいえ、大きく変わることなんかないと思っていました。

    まずは予選で、
    ロートルのミハエル・シューマッハが三位を取ったところから、
    おいおい、もしかしてやってくれるのか、
    なんて思っていましたが、
    決勝は雨がらみ。

    いつもマレーシアGPで雨がある度に思うのですが、
    どっかのお金大好き親父のせいで、
    レース開始時間をヨーロッパ時間に合わせるようにしたために、
    スコールが多い時間に開始するなんて、
    現地の人を絶対に見下しているよなぁ。

    と言う事で、
    また決勝では赤旗中断が約50分ありました。

    雨絡みは、レースが荒れるので、
    見る方としては楽しいんですけどね。

    さて結果から言うと、
    まさかのフェラーリ、フェルナンド・アロンソが優勝ですよ。

    いやー、今シーズンは昨シーズンよりも辛そうだから優勝なんて無理かと思っていたんですけど、
    ここで優勝とは。

    さすが、現役最強ドライバーです。

    フェルナンド・アロンソじゃなきゃ優勝なんて無理だったでしょうね。

    そして、二位にはザウバーのセルジオ・ペレスです。

    小林可夢偉のチームメイトです。

    残念ながら小林可夢偉はリタイアしましたが、
    ペレスが二位ですよ。

    いい走りをしていました。

    最後の詰めが若さが出てしまってミスして、
    優勝を逃してしまったのが非常に残念です。

    DRSがあるからフェルナンド・アロンソを抜くのは難しくはなかったでしょうね。

    いやー、もったいない。

    でもこれで、ペレスはフェラーリドライバーに一歩近づきましたかね。

    フェリペ・マッサには、悪いけど、
    今シーズンが最後でしょう。

    こういう荒れたレースでは、
    非常に存在感を増すのがマクラーレン・メルセデスのジェンソン・バトンなのですが、
    途中までは良かったのに、
    ちょっと接触してから後方に落ちてしまって、
    さすがの走りはしていましたが、入賞は出ませんでしたね。

    下馬評では出来のいい部類で優勝候補の一角であったレッドブル・レーシングですが、
    セバスチャン・ベッテルもマーク・ウェバーもちょっとダメダメでしたね。

    セバスチャン・ベッテルに関しては、無線がいかれていたようで、
    タイヤ交換などのタイミングが合わなかったのかな。

    最後は、タイヤをバーストさせて入賞出来なかったし、
    ちょっと運もなかったよね。

    そして、第一線でもブランクを感じさせなかったロータスのキミ・ライコネン。

    今回も元祖最速男の意地を見せてくれました。

    キチンと今回のGPのファステストラップに名前を残しています。

    もう元祖なんてつける必要ないね。

    さすがの最速男って感じですよ。

    三位に入ったルイス・ハミルトンは、
    結果のわりにはぱっとしなかったものなぁ。

    さて、次戦中国GPは、
    三週間後です。

    この約一ヶ月の間にトップチームは、
    色々と開発を進めてパーツを持ち込んでくるでしょう。

    ちょっと間は開きますが、
    楽しみです。


    2012 FORMULA 1 PETRONAS MALAYSIA GRAND PRIX

    Provisional Results
    Pos_No________Driver______________Team________Laps_Time/Retired_Grid_Pts
    15Fernando AlonsoFerrari56Winner825
    215Sergio PerezSauber-Ferrari56+2.2 secs918
    34Lewis HamiltonMcLaren-Mercedes56+14.5 secs115
    42Mark WebberRed Bull Racing-Renault56+17.6 secs412
    59Kimi RäikkönenLotus-Renault56+29.4 secs1010
    619Bruno SennaWilliams-Renault56+37.6 secs138
    711Paul di RestaForce India-Mercedes56+44.4 secs146
    817Jean-Eric VergneSTR-Ferrari56+46.9 secs184
    912Nico HulkenbergForce India-Mercedes56+47.8 secs162
    107Michael SchumacherMercedes56+49.9 secs31
    111Sebastian VettelRed Bull Racing-Renault56+75.5 secs5
    1216Daniel RicciardoSTR-Ferrari56+76.8 secs15
    138Nico RosbergMercedes56+78.5 secs7
    143Jenson ButtonMcLaren-Mercedes56+79.7 secs2
    156Felipe MassaFerrari56+97.3 secs12
    1621Vitaly PetrovCaterham-Renault55+1 Lap19
    1724Timo GlockMarussia-Cosworth55+1 Lap20
    1820Heikki KovalainenCaterham-Renault55+1 Lap24
    1918Pastor MaldonadoWilliams-Renault54+2 Laps11
    2025Charles PicMarussia-Cosworth54+2 Laps21
    2123Narain KarthikeyanHRT-Cosworth54+2 Laps23
    2222Pedro de la RosaHRT-Cosworth54+2 Laps22
    Ret14Kamui KobayashiSauber-Ferrari46+10 Laps17
    Ret10Romain GrosjeanLotus-Renault3+53 Laps6





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー