F1 2012 Round.3 中国GP

    予選での興奮から一夜明けて、
    スタートから一周の間で落胆していくのを味わってしまいました。

    いやー、小林可夢偉残念です。

    予選で四位に入り、
    三位に入ったマクラーレンのルイス・ハミルトンがギアボックス交換のペナルティで、
    5グリッド降格が決まっていたので、決勝は三位スタート。

    しかし、スタートでちょっとのびがなくて、
    順位をどんどん落としてしまい、
    終わってみれば、10位でなんとかポイントゲット。

    ひとつ嬉しいことがあるとすれば、
    決勝のファステストラップは、小林可夢偉です。

    小林可夢偉は残念でしたが、
    ニコ・ロズベルグが初ポール、初優勝。

    いやー、長かかったね。

    111戦目ですか。

    ドライバーの評価としては高かったし、
    実際マシンに恵まれずに、
    ヘタしたらこのまま優勝すらせずにF1回から去ってしまうのではないかと思っていたほどですからね。

    今年は、メルセデスのマシンもこうやって優勝争いが出来る位置にいるので、
    近い将来ワールドチャンピオンも夢ではないでしょうね。

    いやいや、もしかしたら今年ワールドチャンピオンになるかも知れないほど、
    台風の目になっていますよ。

    さて、他で言うとやはりレッドブル・レーシングのセバスチャン・ベッテルですか。

    古いマシンを持って来て、予選では久々にQ3に進出できませんでしたね。

    それでもラストタイヤがダメになって次々に抜かれてしまいましたが、
    5位でフィニッシュ。

    2位には、ジェンソン・バトン、3位はルイス・ハミルトン。

    4位にマーク・ウェバー。

    そして、驚いたのが、ウィリアムズ・ルノーですか。

    気がついたら7、8位ですよ。

    やっと、名門復活の兆しが見えてきましたね。

    ロータス・ルノーのグロージャンが6位で、
    今までの決勝でのポカをなんとか帳消しに出来たのかな。

    かわいそうなのが、キミ・ライコネンだったね。

    タイヤ交換のタイミングを失って、
    最後は入賞圏外ですよ。

    フェラーリのフェルナンド・アロンソも後半ちょっとらしからぬドライビングでちょっと順位を落としましたが、
    まぁ、前回優勝したとはいえ、
    マシンの性能を考えると良くやっているという感じです。

    かたやチームメイトのフェリペ・マッサは、
    フリー走行であんなことをチームから無線で言われ、
    それが国際映像に流されてしまうなんて、
    今の立場を表しているよなぁ。

    もうあんなこと言われるなんてF1ルーキーなら分かるけどさ。

    残念ですが、来年はフェラーリにはいないでしょう。

    最後に今回唯一のリタイヤであるミハエル・シューマッハ。

    残念だったね。

    ロートルの活躍を期待していたのに、
    まさかタイヤがしっかりはまっていない状態でのリリース。

    ニコ・ロズベルグが優勝しただけに、
    いつか表彰台に立てるでしょう。

    2012 FORMULA 1 UBS CHINESE GRAND PRIX

    Provisional Results
    Pos_No?_______Driver______________Team________Laps_Time/Retired_Grid_Pts
    18Nico RosbergMercedes56Winner125
    23Jenson ButtonMcLaren-Mercedes56+20.6 secs518
    34Lewis HamiltonMcLaren-Mercedes56+26.0 secs715
    42Mark WebberRed Bull Racing-Renault56+27.9 secs612
    51Sebastian VettelRed Bull Racing-Renault56+30.4 secs1110
    610Romain GrosjeanLotus-Renault56+31.4 secs108
    719Bruno SennaWilliams-Renault56+34.5 secs146
    818Pastor MaldonadoWilliams-Renault56+35.6 secs134
    95Fernando AlonsoFerrari56+37.2 secs92
    1014Kamui KobayashiSauber-Ferrari56+38.7 secs31
    1115Sergio PerezSauber-Ferrari56+41.0 secs8
    1211Paul di RestaForce India-Mercedes56+42.2 secs15
    136Felipe MassaFerrari56+42.7 secs12
    149Kimi RäikkönenLotus-Renault56+50.5 secs4
    1512Nico HulkenbergForce India-Mercedes56+51.2 secs16
    1617Jean-Eric VergneSTR-Ferrari56+51.7 secs24
    1716Daniel RicciardoSTR-Ferrari56+63.1 secs17
    1821Vitaly PetrovCaterham-Renault55+1 Lap19
    1924Timo GlockMarussia-Cosworth55+1 Lap20
    2025Charles PicMarussia-Cosworth55+1 Lap21
    2122Pedro de la RosaHRT-Cosworth55+1 Lap22
    2223Narain KarthikeyanHRT-Cosworth54+2 Laps23
    2320Heikki KovalainenCaterham-Renault53+3 Laps18
    Ret7Michael SchumacherMercedes12+44 Laps2

    Note - Hamilton qualified second, but dropped five grid places as penalty for an unscheduled gearbox change. Vergne qualified 18th, but starts from pit line following pre-race car changes.





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー