女教師グロリア 【2008年製作:映画】

    さて「女教師グロリア」ですが、
    このタイトル「おんなきょうし」なんですかね、
    それとも「じょきょうし」なんですかね。

    と言う事で、
    アチキの好みで「じょきょうし」としました。

    カテゴリの整理の都合での話なので、
    どちらでも良いのですけどね。

    でも、
    タイトルをつけた方は、
    どちらでも良いと言う事ではないんでしょうね。

    映画の内容とは全く関係ない話ですみません。

    さて、「女教師グロリア」ですが、
    パッケージはかっこいいんですよ。

    映画の説明もサスペンス映画として説明されているし、
    麻薬密売人との対決みたいなこともかいある。

    パッケージは、アクション映画みたいな感じだし、
    これたま素敵なB級映画臭がプンプンするものなんですが、
    やっぱりって感じでしたね。

    物語は、
    新任女教師が、出勤途中で殺人事件の現場を目撃してしまいます。

    殺されたのは、赴任先の学校の生徒。

    そして、殺したのは札付きの悪。

    警察も前からマークしてるのだが、
    証拠がなくて捕まえられない。

    そして、今回の事件で目撃者が現れて、
    お縄に出来ると思っているところで、
    悪人が承認の殺害を計画して学校に来るという展開。

    サスペンスもアクションもほとんど感じられない映画です。

    最初の期待が薄ければ、
    結構、普通に楽しめる映画かな。

    主人公の女教師が生徒のために頑張る姿とか、
    落ちこぼれの生徒が力を貸してくれるとか、
    ちょっとした学園ドラマですよ。

    アクセントとして、
    麻薬密売人が出てくるだけで、
    アメリカではある意味普通の光景ですか。

    そう言う意味では、
    日常起こりうるかもしれないことを映画にしましたって感じですか。

    だからすごく派手な要素はないです。

    やっぱり一般の方は、パッケージのギャップに怒っちゃうんでしょうね。

    アチキは、慣れっこですから。

    と言うよりそれが当たり前だと思って観ているからなぁ。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 学園 犯罪 刑事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー