ティンカー 【小説】

    以前ネタにしたウェン・スペンサーのSF小説「ようこそ女たちの王国へ」が、
    結構面白かったので、
    同じ作家の他の小説を読んでみるべ、
    と言う事で読んだのが「ティンカー」です。

    「ようこそ女たちの王国へ」の時にも思ったのですが、
    この「ティンカー」もSF小説としてよりもファンタジー小説として出した方が、
    食いつきは良かったんじゃないかな、と。

    舞台は、地球のピッツバーグとエルフが住む世界が交わってしまった世界で、
    主人公の少女のような大人の女性になったばかりのティンカーが活躍するお話し。

    天才少女のティンカーは、
    エルフの偉い人を昔助けたことがあり、
    今回も冒頭で同じエルフを助けることに。

    この時は、そのエルフが偉い人だとは知らずにいたわけですが、
    後になって偉い人と分かります。

    そして、そのエルフと関わることによって、
    色んな事が急激に変化していきます。

    鬼や天狗なんかも登場して、
    こう言う設定だけを観ても作者は日本が好きなのかなぁ、と。

    ついでに「ティンカー」や「ようこそ女たちの王国へ」を読んだ感じでは、
    日本のアニメとか好きなんだろうなぁ、と。

    勝手に思ってしまったわけです。

    ホントのことは知りません。

    そんな感じで、
    SF的な話というと、
    地球とエルフの世界、そして、鬼の住む世界をつなぐゲートの部分は、
    SFらしいお話しですが、
    それ以外は、エルフに鬼や天狗ですからね、
    やっぱりファンタジーな感じですよ。

    ノリも軽いですし、
    ライトノベルを読んでいる人でも気軽に楽しめるのではないかな。

    この「ティンカー」は、
    本国ではシリーズになっていますが、
    日本では、この一冊しかまだ刊行されていません。

    今後続きがてるとは思えないほど、
    昔に刊行されています。

    やっぱり売れなかったのかなぁ、と。

    アチキとしては、
    続きも読んでみたいと思ったんですけどね。

    色々と思春期の少女のように悩みながら元気に前に進んでいく主人公のティンカーに好感が持てるかどうかで、
    この小説を面白いと思えるか、どうかって感じですか。

    興味があったら是非ご一読を。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : SF小説
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : SF 恋愛 ファンタジー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー