レポゼッション・メン 【2010年製作:映画】

    この映画は、
    予告みて面白そうだなぁ、
    と思ってかりて観ました。

    「レポゼッション・メン」です。

    原題は「REPO MEN」と言う事で、
    直訳すると車の回収をする人って事になるのですが、
    今回回収されるのは、
    臓器です。

    それも機械の臓器。

    人工心臓だったり、
    人工肝臓だったり、
    不具合のある臓器などを機械に代えるというのが一般的になった社会のお話し。

    とは言え、
    高額な医療行為なので、
    ほとんどの人がローンを組んで機械の身体を手に入れるわけです。

    で、
    ローンが払えなくなると、
    回収屋が行って臓器を回収すると。

    それも無理矢理。

    「ローンを滞納していますね、なので臓器回収します」と言って、
    相手を眠らせて身体をかっさばいて機械の臓器を取り出します。

    そして、
    希望すれば回収した後、救急車を呼んであげますよ、と。

    で、
    回収された機械は、
    メンテして再び利用する、
    と。

    いやー、
    実に素晴らしい設定じゃないですか。

    で、
    主人公は、
    回収率トップの男。

    元軍人。

    軍にいた頃からの相棒と二人で、
    回収率トップを独走中。

    そんな中、
    そんな仕事は辞めてと奥さんに言われ、
    やめないと離婚するとまで言われ悩みます。

    一人息子のためにもそれだけは勘弁、
    と。

    しかし、
    中々やめられない。

    で、
    主人公の相棒は、
    やめるなんて言うなよ、
    と言うのですが、
    日に日にやめる来満々になる主人公をみて苦慮します。

    そんなとき、
    ある人物を回収しに行くと、
    機械が故障して自分の心臓がやられてしまいます。

    まぁ、
    回収していた人間なので、
    機械の心臓をいれたらどんなことになるのか分かっていたから拒否するのですが、
    眠っている間に機械の心臓をいれられてしまいます。

    ここからが、
    楽しい展開になるわけですね。

    回収する側と回収される側の両方の気持ちを自ら体験し、
    主人公がとった行動は、、、。

    最後の最後まで楽しませてくれる映画です。

    まさかのラストでしたが、
    アチキは、
    基本的にハッピーエンドな映画が好きなので、
    ハッピーになって印象が薄くなっても、
    それはそれで良いかな、と思っています。

    そんなわけで、
    ラストは賛否両論になるような終わり方ですが、
    良い感じでしたよ。

    予告だともっと陰謀説的な感じのストーリーかなと思っていたので、
    そうではなかったので少し残念でしたけど。

    臓器関係のお話しなので、
    ちょっとグロイ所もありますが、
    そう言うのが全く駄目という人以外は楽しめる映画です。

    暇な週末にでもご覧になって観くださいな。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション 犯罪 動画 ジュード・ロウ フォレスト・ウィテカー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー