F1 2012 Round.6 モナコGP

    伝統のモナコグランプリ。

    今シーズンは、
    第5戦までドライバーもチームも優勝しているところが違うという、
    まさに混戦。

    タイヤを上手く使いこなしたチームとドライバー勝つという状況で、
    一歩どころか、半歩すら前に出ているチームがないという感じ。

    そんな中、予選でロートルが見せてくれました。

    メルセデスAMGのミハエル・シューマッハが、
    ポールポジションですよ。

    残念ながら決勝グリッドでは、5グリッド降格のペナルティーを受けてしまいましたが、
    それでも、予選で一番速かったドライバーですからね。

    すごいねぇ。

    もうそんな気力も体力も残っていないと思っていたのに。

    チームメイトのニコ・ロズベルグには、
    予選で真っ向勝負したら勝てないと思っていたのに。

    ちょっと驚きと共に、素晴らしい走りを見せてくれました。

    と言う事で、6人目で6チーム目の優勝者が出るかと期待しての決勝レース

    当然、その中には小林可夢偉の名前が入っています。

    予選順位からは、ちょっと難しいかなぁ、
    と言う気もしていましたが、
    それでもなんかしてくれるだろうと期待して小林可夢偉を応援しましたよ。

    でも、残念ながらスタート直後のグロジャンのスピンを避けきれず、
    その後、頑張って走っていたのですが、
    結果、リタイヤ。

    残念でした。

    その小林可夢偉のリタイヤの原因を作ったグロジャンですが、
    予選順位からは、6人目6チーム目の候補だったんだよねぇ。

    そんな感じで、1週目からバタバタになって、
    天気予報の雨が降るという情報でまたまたレースは異常な緊迫感。

    結果、雨は降らなかったのですが、
    これによってタイヤ交換のタイミングを失ったドライバーやチームもあって、
    後半は、コース上の戦いに。

    こうなるとモナコの市街地サーキットは、
    抜けないので、ある意味退屈な感じにはなります。

    そんな中、フェルナンド・アロンソは、
    タイヤマネジメントと一発の速さを見せてルイス・ハミルトンを抜いていくという、
    さすがという走りを見せました。

    戦略の違いがあったけど、
    レッドブルのセバスチャン・ベッテルもいい走りをしていましたね。

    予選では、いまいちな感じでしたが、
    結果は4位。

    そして、問題の優勝者は、
    6人目のドライバー誕生です。

    レッドブルのマーク・ウェバー。

    モナコ2勝目。

    いやー、今までうまくいかなかったレースが多かっただけに、
    久々の優勝で、それもモナコでの勝利ですからね、
    素晴らしいです。

    ラスト10周くらいは、
    結構緊迫した上位争いで、
    最後まで楽しませてくれました。

    次はカナダGPです。

    7人目のドライバーが誕生するんですかね。


    FORMULA 1 GRAND PRIX DE MONACO 2012

    Pos_No________Driver______________Team________Laps___Time/Retired__Grid_Pts
    12Mark WebberRed Bull Racing-Renault781:46:06.557125
    28Nico RosbergMercedes78+0.6 secs218
    35Fernando AlonsoFerrari78+0.9 secs515
    41Sebastian VettelRed Bull Racing-Renault78+1.3 secs912
    54Lewis HamiltonMcLaren-Mercedes78+4.1 secs310
    66Felipe MassaFerrari78+6.1 secs78
    711Paul di RestaForce India-Mercedes78+41.5 secs146
    812Nico HulkenbergForce India-Mercedes78+42.5 secs104
    99Kimi RäikkönenLotus-Renault78+44.0 secs82
    1019Bruno SennaWilliams-Renault78+44.5 secs131
    1115Sergio PerezSauber-Ferrari77+1 Lap23
    1217Jean-Eric VergneSTR-Ferrari77+1 Lap16
    1320Heikki KovalainenCaterham-Renault77+1 Lap17
    1424Timo GlockMarussia-Cosworth77+1 Lap19
    1523Narain KarthikeyanHRT-Cosworth76+2 Laps22
    163Jenson ButtonMcLaren-Mercedes70+8 Laps12
    Ret16Daniel RicciardoSTR-Ferrari65Steering15
    Ret25Charles PicMarussia-Cosworth64Electrical21
    Ret7Michael SchumacherMercedes63Fuel pressure6
    Ret21Vitaly PetrovCaterham-Renault15Electrical18
    Ret14Kamui KobayashiSauber-Ferrari5Accident damage11
    Ret22Pedro de la RosaHRT-Cosworth0Accident20
    Ret18Pastor MaldonadoWilliams-Renault0Accident24
    Ret10Romain GrosjeanLotus-Renault0Accident4

    Maldonado dropped 10 grid spots for collision in FP3, plus five for gearbox change. Schumacher dropped five for collision at last round. Perez failed to set Q time - raced at stewards' discretion; dropped five grid spots for gearbox change.





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー