THE 有頂天ホテル 【2005年製作:映画】

    まず、
    カテゴリの分類でちょっと悩みました。

    「THE」の扱いで。

    洋画系なら四歩でない限り「THE」を無視してカテゴリを振り分けるのですが、
    邦画だし、
    三谷幸喜だし、
    「THE」に意味があるんだろうなぁ。

    と言う事で、
    「THE(ザ)有頂天ホテル」です。

    三谷幸喜監督、脚本と言うことで、
    監督作品ははじめて観ました。

    脚本した映画も「12人の優しい日本人」だけかな。

    TVドラマ「やっぱり猫が好き」は、
    大好きでね。

    よく見ていましたよ。

    そんな感じで久々の三谷幸喜作品なんですが、
    会社の先輩からは、
    三谷幸喜なんだけどね…」と言う感想を聞いていました。

    この「…」の意味は当然理解してみたわけですが、
    確かに、
    期待した割には「…」でしたね。

    ホテル・アバンティの大晦日まで後2時間のドタバタ劇なんですが、
    最後のまとめ上げるところで残念な感じになってしまって、
    一番盛り上がらなければならなかったところが、
    盛り上がりに欠けてしまうという感じでしたね。

    それまでの展開は、
    良いところも悪いところも群像劇らしく、
    広がっていったモノをどうまとめ上げるかで、
    良くも悪くもなるので、
    そこが残念だと各エピソードの善し悪しだけの話になってしまうんだよね。

    それでも、
    二時間ちょっとを見続けられる楽しさはありました。

    期待していた感動が少なかっただけ。

    これも人によって度合いは違うのでしょうけど。

    三谷幸喜ファンなら期待が大きくて残念になるかもしれないけど、
    ファンと言うほどでもない人なら結構楽しめるのかも。

    まぁ、
    三谷幸喜の映画作品をお薦めするなら「12人の優しい日本人」かな。
    (「12人の優しい日本人」以外見たことないんですけど…)










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 日本映画
    ジャンル : 映画

    tag : ドラマ 日常 動画 三谷幸喜 役所広司 戸田恵子 麻生久美子 佐藤浩市 西田敏行

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー