エントラップメント 【1999年製作:映画】

    泥棒と保険会社の調査員の話。

    どっかで聞いたような設定だな。

    スティーヴ・マックィーン とフェイ・ダナウェイの映画「華麗なる賭」みたいだ。

    まぁ、
    そんな類似性は何処にでもあるのでひとまずおいといて。

    基本、
    アクション映画ですから、な~~んも考えずに観られます。

    予告の印象から言うと、
    二転三転の騙しあい、ってかんじだけど、
    底が浅いから全然騙されない。

    それでも、
    いい感じなのは、
    ショーン・コネリーのおじさんとキャサリン・ゼタ=ジョーンズのラブラブハッピーエンドがあるからなのね。

    キャサリン・ゼタ=ジョーンズは「マスク・オブ・ゾロ」で初めてみたんだけど、
    オリエンタルな雰囲気がとってもいい感じで、
    ついでにナイスバディで、
    今回の保険調査員兼泥棒の役ははまってましたね。

    でね、
    現代の犯罪はコンピュータなしでは語れなくなってしまいましたねぇ。

    2000年問題に引っかけた盗みのテクニックは、
    なかなか良くできていました。

    コンピュータ犯罪の基本的な部分と時差という物理的な部分をうまく取り入れた話は、
    感心してしまいましたね。

    「エントラップメント」みたいな奇抜な内容の映画は、
    細かいディテールがしっかりしていないと、
    カスな映画になるのがおちですが、良くできていました。

    ぱちぱちぱちぱち。

    でもやっぱり銀行強盗言えば「俺たちに明日はない」とか「狼たちの午後」とかみたいに、
    拳銃もって押し込まなければだめですよ。

    現代では無理だというなら「高飛びレイク・シリーズ」を見習いなさい。
    っていっても知らないか。

    それに、
    あれはSFだからなぁ。

    さてさて、
    明日は「華麗なる賭」でもネタにしようかな。
    スティーブ・マックイーンとフェイ・ダナンウェイ。
    サイコーに華麗な映画?ですよ。

    あれ? 
    今回は「エントラップメント」だったよね。

    こりゃ失敬。

    「エントラップメント」は、おもしろいですよ。

    アチキは気に入りました。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 泥棒 アクション ショーン・コネリー キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー