2046 【2004年製作:映画】

    ウォン・カーウァイ製作監督脚本の映画です。

    キムタクが出演したことでも話題になった映画です。

    アチキ的には、
    久々のウォン・カーウァイの映画でしたね。

    いつ以来かというと「恋する惑星」「天使の涙」から観ていません。

    なので、
    映像的には、なんか懐かしささえ感じましたね。

    物語は、
    一人の小説家とアパートのオーナーの娘のお話。

    ある切っ掛けで、とあるアパートに住むことになった男は、
    そこで家の手伝いをしている女生と親しくなります。

    前半から中盤にかけては、
    この女性が後半になって重要な存在になるとは思いませんでしたね。

    そう言う意味では、
    実に良い流れの展開でした。

    後半になってその女性が自分にとってどんな存在なのかを自覚し、
    その思いを小説にしていく男。

    話でしか聞いたことがない日本人男性の存在と自分をオーバーラップさせ、
    小説の主人公として登場させていくくだりは良かった。

    ある意味、安直な恋愛映画にはしたくなかったのか、
    ドラマチックな要素を極力省き、
    そう言うのはフィクションの中だけという作りに徹していたような感じの作品。

    だから凄く退屈です。

    その退屈を紛らわせるために虚構と現実を効果的に使おうとしているのですが、
    ウォン・カーウァイの独特な映像と演出は、
    人によっては退屈で、人によってはまったりと感じる展開に。

    腰を落ち着けてじっくり見ないと、
    ラストの味わいが薄くなってしまう構成で、
    良くも悪くもウォン・カーウァイらしい作品ですね。

    まぁ、偉そうにウォン・カーウァイを語れるほど、
    ウォン・カーウァイの作品を見ているわけではないので、
    ウォン・カーウァイのファンの方にはもしかしたら怒られてしまうかもしれませんが、
    「恋する惑星」「天使の涙」とかを観てウォン・カーウァイの作品が好きなったらご覧なった方がよい作品かな。

    いきなりこの「2046」からはちときつい気もしますね。

    ちなみにキムタク(木村拓哉)は、
    出番こそ少ないですが、
    結構重要な役ですよ。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 香港映画
    ジャンル : 映画

    tag : 香港映画 恋愛 ドラマ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー