F1 2012 Round.7 カナダGP

    第7戦カナダGP

    当然、興味の対象は7人目の優勝ドライバーは誰なのか、
    と言うところですか。

    それとも2勝目を上げるドライバーが出るか。

    そんな感じで、
    日本の裏側で開催されるカナダGP

    日本時間の午前3時にスタート。

    途中、ちょっと眠くなったけど、
    後半からはワクワクドキドキの展開が待っていましたよ。

    フリー走行では、良い感じだったマクラーレンのルイス・ハミルトンでしたが、
    予選ではまさかのレッドブル、セバスチャン・ベッテルがポールポジション。

    それもコンマ3秒とちょっと驚きの開き具合。

    そして、予選3番手にフェラーリのフェルナンド・アロンソ。

    アップデートの結果が良かったんでしょう。

    まぁ、前回、前々回と復調の兆しはありましたからね。

    こうなってくると、
    この三人のドライバーの戦いかなぁ、と。

    視聴者としては、
    ルイス・ハミルトンの優勝で7人目というのも観てみたいなぁ、と。

    ですが、
    ここはカナダ、ジル・ビルヌーヴサーキット。

    モナコ同様、コースアウト即リタイヤ。

    壁に囲まれているので、
    ぶつかると間違いなくセーフティーカー。

    まず毎回開催の度にほとんどセーフティーカーが出てくるレースになります。

    でない方が少ない。

    それくらい何が起きるのか分からない。

    なのに、今回はセーフティーカーが出ませんでした。

    そして、今回も面白いレースを後半に演出してくれたのは、
    ピレリタイヤ。

    途中トップに立ったルイス・ハミルトンが、
    予定通りの最後のピットストップをして順位を下げる中、
    フェルナンド・アロンソとセバスチャン・ベッテルの二人は、
    そのまま走り続けます。

    まさか、このままフィニッシュするのか、と。

    しかし、タイヤのグリップが持つのか持たないのか、
    どうなるんだぁ、と言う所で、
    やっぱ持ちませんでした。

    フェルナンド・アロンソは、ずるずると後続車に抜かれていき、
    セバスチャン・ベッテルは、さすがにタイヤ交換で順位を落とすも、
    フェルナンド・アロンソを抜いて4位。

    フェルナンド・アロンソは、5位となり、
    勝負に出た結果、残念なことになりましたが、
    やっぱり勝負してもらった方が観ているこちらは楽しい。

    順当にタイヤ交換して、2位、3位と決まるよりもね。

    さて、優勝はルイス・ハミルトン。

    今年、7人目の優勝ドライバーです。

    なんか久々にルイス・ハミルトンが優勝したのを観た気がするなぁ。

    さて、2位、3位には、
    新鮮な顔ぶれになりました。

    ロータスのグロジャンとザウバーのペレスが2位、3位。

    グロジャンは色々と言われていたから、これでほっとしたんじゃないかな。

    ペレスに関しては、
    戦略がうまくいけば、表彰台に上れることを証明した良いレースでしたね。

    チームメイトの小林可夢偉は、
    前の車に押さえ込まれてしまい戦略がうまくいかずに、
    結果は、9位でしたが、
    頑張ったんでしょうね。

    でもやっぱチームメイトが表彰台ですから、
    色々と思うところもあるでしょうし、
    観ているこちらも小林可夢偉ならなんとかしてくれると思っているので、
    ちょっと残念な結果です。

    さて、次は再びヨーロッパに戻り、
    スペインのバレンシアです。

    さて8人目の優勝者が出るんでしょうかね。

    楽しみですね。

    FORMULA 1 GRAND PRIX DU CANADA 2012

    Pos_No_______Driver_______________Team________Laps_Time/Retired_Grid_Pts
    14Lewis HamiltonMcLaren-Mercedes701:32:29.586225
    210Romain GrosjeanLotus-Renault70+2.5 secs718
    315Sergio PerezSauber-Ferrari70+5.2 secs1515
    41Sebastian VettelRed Bull Racing-Renault70+7.2 secs112
    55Fernando AlonsoFerrari70+13.4 secs310
    68Nico RosbergMercedes70+13.8 secs58
    72Mark WebberRed Bull Racing-Renault70+15.0 secs46
    89Kimi RäikkönenLotus-Renault70+15.5 secs124
    914Kamui KobayashiSauber-Ferrari70+24.4 secs112
    106Felipe MassaFerrari70+25.2 secs61
    1111Paul di RestaForce India-Mercedes70+37.6 secs8
    1212Nico HulkenbergForce India-Mercedes70+46.2 secs13
    1318Pastor MaldonadoWilliams-Renault70+47.0 secs22
    1416Daniel RicciardoSTR-Ferrari70+64.4 secs14
    1517Jean-Eric VergneSTR-Ferrari69+1 Lap19
    163Jenson ButtonMcLaren-Mercedes69+1 Lap10
    1719Bruno SennaWilliams-Renault69+1 Lap16
    1820Heikki KovalainenCaterham-Renault69+1 Lap17
    1921Vitaly PetrovCaterham-Renault69+1 Lap18
    2025Charles PicMarussia-Cosworth67+3 Laps23
    Ret24Timo GlockMarussia-Cosworth56Brakes21
    Ret7Michael SchumacherMercedes43Rear wing9
    Ret22Pedro de la RosaHRT-Cosworth24Brakes20
    Ret23Narain KarthikeyanHRT-Cosworth22Brakes24

    Note - Maldonado qualified 17th, but dropped five grid places as penalty for an unscheduled gearbox change.





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー