百鬼夜行抄 21巻 【マンガ】

    相変わらずキレイな表紙です。

    「百鬼夜行抄」の21巻です。

    妖怪、妖魔、物の怪の類が登場するマンガです。

    明日変わらず良い味出しています。

    さて、主人公飯島律の伯父飯島開が行方不明になってのお話しが、
    前巻から引き続き展開していきます。

    とは言え、
    それぞれ色んな話が入っており、
    その都度妖怪絡みの事件は解決するのですが、
    その陰というか、裏に飯島開の存在がちらほら。

    別に黒幕的な感じではないですよ。

    さて、21巻では、
    今まであまり語られてこなかった飯島律のおじいちゃんおばあちゃんのエピソードがてんこ盛り。

    特におじいちゃん飯嶋蝸牛(飯嶋伶)とおばあちゃん飯嶋八重子の結婚までお話しというのは、
    中々面白かったですよ。

    飯嶋八重子の息子である飯島開の帰りを待ち続ける日々。

    その気持ちを利用しようとする妖魔たち。

    どの話も背筋にちょっと冷たいモノが走るって言う、
    ほどよい感覚を味わえる作品ばかり。

    色んな人の縁が結び合っていて、
    これまた良い感じ。

    まぁ、アチキとしては、
    従姉の飯嶋司がほとんど登場しなかったのが不満です。

    とは言え、
    良いところで登場しているし、
    今回は、おじいちゃんおばあちゃんのお話しがメインなので、
    仕方ないかな、と。

    アチキとしては、
    飯島律と飯嶋司がはやく結ばれて欲しいなぁ、と。

    と言うわけで、
    アチキのとても好きな漫画なので、
    興味があったら是非本屋で探して手に取ってみてくださいな。

    とても面白いですよ。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 今市子 妖怪 ホラー 大学生

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Re: 独特の空間

    コメントありがとうございます。

    > 昔の家には暗闇があったんですよね。
    > 隅に何かが隠れているような感覚もあった。

    そうなんですよね。
    アチキも生まれ育ったアパートがおんぼろで、
    子供の頃トイレに行くのが凄く怖かったです。

    > この漫画の独特の雰囲気がとても好きです。

    うんうん。この雰囲気は何とも言えないですよね。

    独特の空間

    はじめまして。
    昔の家には暗闇があったんですよね。
    隅に何かが隠れているような感覚もあった。
    今の家はどこもかしこも明るくて、闇を怖がらなくてよくなったけど、想像力も一緒になくなったかもしれません。
    この漫画の独特の雰囲気がとても好きです。
    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー