ミッション:8ミニッツ 【2011年製作:映画】

    タイトルの「ミッション:8ミニッツ」から想像するに、
    どんな任務で8分間が使われるのだろう、
    と言う程度のイメージで見始めました。

    シカゴ行きの列車で主人公とヒロインの女性が話をしていて、
    主人公はどうやら自分の記憶と現在の状況が一致しないことに戸惑い、
    いったい何が起きているのか、
    状況を確認していると、
    突然、
    列車が爆発して死亡。

    そして、
    死んだと思ったらわけの分からない密室空間に閉じ込められていて、
    外界とのコミュニケーションは、
    モニターだけ。

    そこに映る一人の女性。

    主人公は、
    ヘリのパイロットで、
    何でこんな所にいるんだ、
    と。

    いやー、
    もしかしたら一番、
    この映画で面白かった部分かもしれないなぁ。

    主人公の置かれた状況を推理するという部分がね。

    まぁ、
    その辺は、
    物語が進むと少しずつ明らかになっていくわけです。

    主人公の目的は、
    列車を爆発させた犯人を突き止めること。

    その為に、
    他人の意識の中に入り、
    それも死んでしまった人の意識の中に入って、
    死ぬまでの8分間の中で探すという、
    実にSFチックなサスペンス映画です。

    まぁ、
    最近、
    夢の中に入るだのオチが夢だの、
    そんなんばっかりの映画やマンガを見ていたりしていたので、
    またそれ関係のネタかぁ、
    なんて思ったりもしたのですが、
    面白かったです。

    ここで重要なのは、
    死んだ人の意識の中に入っているのか、
    と言うところですね。

    そうなると色々とおかしな所があるわけですよ。

    経験した過去と違う行動に対して、
    そんなにフレキシブルに状況が変化するのか、
    とか。

    生きている間に観ただけの相手の情報なのに、
    そんなにパーソナルな事まで分かるのか、
    とか。

    ツッコミどころ満載な設定ですが、
    ラストのオチが全てで、
    科学者が考えた世界と実際に体験している人では、
    違うと言うこと。

    理論はそうだけど、
    実はそうでなかったと言うこと。

    そう言う解釈をすると、
    結構すんなり納得し、
    楽しめるというわけですな。

    と言うわけで、
    主人公は、
    何度も8分間を経験し、
    何度も死んで行くのです。

    その行為自体に疑問を持つこともあるし、
    これが過去のことだと言うことにやりきれない思いを持つことにもなります。

    まぁ、
    何にしてもハッピーエンドだというのは、
    良いことだよ。

    と言う事で、
    「ミッション:8ミニッツ」は、
    楽しく拝見させていただきました。

    これは、
    ちょっとお薦めでっせ。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 犯罪 SF 動画

    trackback


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    『ミッション: 8ミニッツ』(2011) - Source Code -

    警告:このラスト、映画通ほどダマされる。 ■ミッション: 8ミニッツ - Source Code -■ 2011年/アメリカ/93分  監督   :ダンカン・ジョーンズ  脚本   :ベン・リプリー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Re: やっと観ました

    コメントありがとうございます。

    > この作品、DISCASの順番が来てようやく昨夜観ました。

    このコメントを書く前に「宇宙人ポール」を見ていました。
    いやー、サイコーにハッピーな映画でした。

    > 夢オチ物は映画だけじゃなく、漫画でも使われている設定なんですねー。

    安直な夢オチはサイテーだという風潮が昔はあったんですけど、
    近年は夢オチ自体をネタにしている作品が多くなった気がします。

    別に悪いことだとは思わないですし、それで納得できるモノなら良いわけです。

    私の場合「うる星やつら2 ビューティフルドリーマー」で、
    夢オチネタの傑作に触れて感動して以来、
    安直な夢オチでも許容できる心の広さを獲得したような気がします。

    やっと観ました

    こんばんは、お邪魔いたします。

    この作品、DISCASの順番が来てようやく昨夜観ました。
    内容は調べず、他の方のブログも読まずで臨みましたが、仰るとおり面白かったです。
    (ネクサス6さんの記事も、読ませて頂くのを我慢しておりました。)

    時空移動ものは、ボヤっとしていたら置いてけぼりを食いますが
    この作品は妙な説得感と主演俳優のがんばりと、最後の安心感で
    綺麗に収まっていると思います。

    夢オチ物は映画だけじゃなく、漫画でも使われている設定なんですねー。
    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー