稲田小鬼物語 【マンガ】

    アチキの会社に旦那が少年画報社に務めている人がいて、
    ちょっと少年画報社のマンガについて盛り上がって、
    たぶん、その流れで先輩が買ってきたと思われるマンガ。

    微妙な感じで全部読めなかった、
    と渡されたのが「稲田小鬼物語」というマンガでした。

    全1巻。

    何に連載されていたのか知りませんが、
    きっと人気がなくて1巻で終了というマンガなのでしょう。

    まぁ、タイトルに親近感があったので、
    読み始めたのですが、
    思っていた以上に良かったです。

    主人公は、稲田という女性。

    アパートに一人暮らし。

    その隣の部屋に奇稲田姫(クシナダヒメ)に心臓を奪われた鬼が住んでいました。

    何で住んでいるとか、町中に妖怪物の怪があふれているのか、
    主人公の女性がなぜその手のモノが見えるのか、
    等と言った説明は一切ありません。

    隣に鬼の少年が住んでいるという状況で物語りがスタート。

    その小鬼と主人公の稲田のラブコメチックなお話しと、
    小鬼が奇稲田姫に奪われた心臓を取り戻そうとするお話しがメイン。

    ちなみに、奇稲田姫とは、
    スサノオが八岐大蛇を退治するときに、
    生け贄となる予定だった人のこと。

    奇稲田姫のかわりにスサノオが女装して八岐大蛇と対峙し、
    退治した後、奇稲田姫と結ばれるというお話し。

    たぶん、八岐大蛇のお話しはどこかで耳にしたことがある人は多いと思うけど、
    そこに登場する奇稲田姫の存在を知る人は、
    その物語をキチンと読んだり調べたりした人じゃないと知らないマイナーな存在です。

    と言う事で、
    主人公の女性が稲田という姓なのも奇稲田姫から来ているというわけですな。

    ちなみにマンガだと、
    奇稲田姫(クシナダヒメ)の表記はカタカナになっているので、
    すぐにピンと来る人は少ないかも。

    と言うわけで、
    最後の方は宇宙的な世界観のお話になって終わっているのですが、
    無理にそんなことをしなくても、
    そのまま奇妙な日常と非日常が混じり合った世界のお話しのまま終わっても良かった気がします。

    アチキは、悪くないと思いましたが、
    誰もが楽しめる内容かというと、
    ちょっと微妙という先輩の感想は的を得ているかもしれません。

    本屋で見かけて、中身を確認できるのなら確認してもらって、
    自分あっていると感じた人なら、たぶん面白く読めるのではないでしょうか。

    間違いなく万人向けではないですな。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 妖怪 ファンタジー ちょいエロ コメディ 恋愛

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー