ザ・ウォード 監禁病棟 【2010年製作:映画】

    ジョン・カーペンター監督の久々の作品。

    相変わらず何の予備知識もなく、
    ジョン・カーペンター監督なんだぁ~、
    というある意味ミーハーな気持ちでかりて観ました。

    ホラー映画で、病院が舞台。

    そして、監督はジョン・カーペンター

    色々と期待しちゃいますよ。

    一人の女性が家に火をつけて、
    現行犯でつかまってしまうのですが、
    どうやら本人は、その時の記憶がないらしく、
    なんかオカルト的な存在を感じさせるスタートになります。

    で、捕まった女性は、
    警察ではなく、病院の特別病棟に軟禁されます。

    そこの病棟には、
    四人の女性がすでにいて、
    どうやらそこは精神を煩った人の病棟と言うことが分かります。

    自分は、精神病ではなく、正常だと思っている主人公のクリステン。

    なんとか、そこから抜け出そうと画策します。

    しかし、色々とあって抜け出せません。

    そんな中、この病棟にはとんでもない秘密があるのではないかと疑いはじめます。

    クリステンが入った病室は、
    以前他の女性がいて、
    その女性は退院したことになっているが、
    本当に退院したのか。

    同じように退院したと言うことでいなくなった女性も本当に退院したのか。

    事件の鍵は、
    クリステンが入院した前日にいなくなった女性。

    ここら辺が、いかにもオカルト的なホラー映画の定番的路線になっていくわけですな。

    まさかオチをああいう形にするとは、
    ちょっと興醒めな部分もありますが、
    それまでは非常に良かったですよ。

    この手のネタ(ネタバレになるので書きませんが、病院ホラーと言うことではないです)の作品は、
    色々とあり、専門家に言わせればどうなの、
    って事にもなるのでしょうが、
    基本、エンタテインメントな映画なわけで、
    そう言う部分も含めて、
    面白かったです。

    ただ、ラストのラストでアレは、
    アチキとしては、ないかな。

    こう言うネタを使い、オチに使っているのなら最後まで貫き通して欲しかったよ。

    でも、面白かったですよ。

    この手の映画が好きなら十分楽しめるんじゃないかな。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 医者 動画 ジョン・カーペンター

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー